忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[308]  [28]  [82]  [56]  [182]  [18]  [223]  [96]  [307]  [23]  [306
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
  
監督 ジャック・ドゥミ

出演 カトリーヌ・ドヌーヴ (青の国の王女)

    ジャン・マレー (青の国の国王)

    ジャック・ペラン (赤の国の王子)

    デルフィーヌ・セイリグ (リラの妖精)


ものがたり
 むかしむかし青の国には国王と美しい王妃、王女が住んで
いました。とことがある日王妃は「再婚するならわたしよりも
美しい人を」と国王に言い残し死んでしまいました。

 王妃よりも美しい…それは娘である王女しかいない。国王は
王女にプロポーズするも、困り果てた王女はリラの妖精の
助けで”ロバの皮”をかぶり、隣の国に逃げてしまいました。
 
 隣の赤の国で下女として働く王女、”ロバの皮”をかぶって
いる為誰もよりつきません。ところが小屋でこっそりときれい
なドレスを着ているのを赤の国の王子に見つかってしまい
ました。


感想
 主演のカトリーヌ・ドヌーヴがとても美しいです。それに
映像もデジタルリマスターしてあるので、色彩の美しさが
際立っています。

 一応ミュージカル映画らしいけれど、そんなに歌い踊る
シーンはないから、苦手な人でも充分楽しめるような気が
します。

 話はおとぎ話なので甘いところもあってツッコミ所が
ちょこちょこあります。それでも飽きることなくなかなか
面白い内容でした。

 原作者が「シンデレラ」も書いているだけあって、同じような
設定があるのもご愛嬌。重要なアイテムとして”ガラスの靴”
ではなくケーキに隠した”指輪”が登場します。

 原作を知らなくても大体ラストはこうなるだろうという
予想に反して、映画ならではのすごい乗り物が結婚式の
シーンに登場します。これにはかなりの人がビックリするか
引いてしまうか、でしょうねぇ。時代背景を無視しています
から。(まぁファンタジーだからあり??)

 それにしてもドヌーヴは年老いても美しいですが、この作品や
「昼顔」などの頃なんてブロンドの髪に抜けるような白い肌で
高貴な顔立ち、完璧な美貌です。

 同じフランス映画でもジャンヌ・モローやブリジット・
バルドーもこの頃はすごくきれいだけれど、今はやっぱり
老いを感じてしまいます。その点ドヌーブはきれいに年を
重ねているという印象です。

 「ロバと王女」の監督&ドヌーヴはあの有名な「シェルブール
の雨傘」でも一緒に組んでました。同じ頃なのでこちらでも
美しきドヌーヴの姿が見られますよ。   

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]