忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[617]  [616]  [615]  [614]  [613]  [612]  [611
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『邪悪なものに選ばれた家族。
それは家を変えてもついてくる…』

監督:ジョン・R・レオネッティ

あらすじ
 もうすぐ子供が生まれる幸せな夫婦ミアとジョン。
人形が好きなミアの為にジョンはずっと欲しがって
いた人形をプレゼントする。

 ある夜隣家の物音で目が覚めた二人は見知らぬ
男女に襲われ殺されかけるも警官に助けられ犯人
は死亡する。

 奇妙な出来事が起こり始める家を引っ越し
新しいアパートで生まれたばかりのリアとともに
新生活を始めようとするが何故か捨てたはずの
人形が荷物に混じっていた。

 そして再び起こる怪奇現象。ミアは精神的に不安
におちいっていく…

これは「死霊館」の冒頭にあった話。私は本編よりも
こっちのアナベル人形の話の方が怖くて観終わった時
には『アナベルの方をいつか映画化しないかな~』と
願っていたら叶いました。
60年代が舞台のこの物語。TVのニュースでは
マンソンのカルト集団による事件が報道されて
いました。

夫婦を襲った犯人の女はカルト集団に心酔して
いて死ぬ前にアナベル人形に何かを告げます。
これが恐怖の発端。

殺人鬼が死んだ家、それも目の前で、そんな
家にいたくないのはわかります。おかしな
現象も家を引っ越せば起こらないはず。

途中で霊は家につくとも言ってました。が、
家についていたのではなく人形だったと
気がつけばもっと早く対処できたかもしれ
ないのに、悪魔情報が皆無だとわかりません
よね~。捨てたはずの人形がなぜ戻っている?
で不審に思えたかもしれない。

アナベル人形は至る方法で妻ミアを追い込んで
いきます。誰もいない部屋での物音。止めたの
に再び動き出すレコードプレーヤー。あげくは
向かい側に立ってるアナベルが子供の姿になり
こっちに向かってくるとあの死んだ女にかわる。

これは怖いです。ミアと赤ちゃんのリアだけ
の家の中にこれをやられると神経参ってしまい
ます。

特に怖い、というかびびったのはミアがミシン
をかけながら周りを気にするシーン。ミシンが
どんどん早くなる、周りの空気が変わっていく、
『これはまさか痛いってやつでは?』とこっち
も不安になると案の定針で指を刺してしまいます。

これが一番ドキドキした~。

神父に人形を預ける時にウォーレン夫妻の話を
していました。まあ「死霊館」観てなくても
名前が出るだけなので大丈夫です。観ていると
あぁここで繋がるのかと思いますが。

同じアパートの黒人の女性。ミアに気をかけて
いるので『まさかこの人もカルト側の人間では
ないのか?悪魔の事も詳しいし、そもそもミア
に声をかけたのも店頭に置かれていた悪魔関係
の本をミアが凝視していたからで仲間?なんて
思ったんじゃないの?』

アナベルに宿った邪悪なものは人間の魂を狙って
いました。が、それは簡単にとれるものではなく
その人の承諾が必要。

ミアは弱った精神でも魂は渡さないと強く思い
ますが、ここである想像をしました。

私の魂をあげるからと言わせるにはどうしたら
いいのか。それは大切な物と引き換えにしなけ
ればならない状況を作る事。それが悪魔側の
考え。

自己犠牲、それはきっと母親の愛情でなされる
はず。そんなこんなで悪魔との闘いが始まる
わけなんです。あとは観てのお楽しみ。

アナベルちゃんがですね、買って来た時は新品
なんで普通は可愛いはずなんですが不気味さを
醸し出していました。捨てたはずが戻ってきた
時は薄汚れていてそれをそのまま「間違えて
入れちゃったのかも~」と部屋に再び飾るのも
ちょっと心情がわかりませんね。

本当のアナベル人形はもっと小さくもっと普通
なんですよ。TVでやってたのを見たら全然
違っていました。

この映画の恐怖の存在の悪魔信仰ですが日本人
だとあまり怖くないかもです。私は「エクソシ
スト」もあまり怖さを感じなかった。でもキリ
スト教の人に聞いたらめちゃめちゃ怖いと言っ
てました。これが宗教観の違いなんでしょう。

日本人だと幽霊そのものが怖い。外国の方は
例えば貞子や伽椰子や俊雄くんってどう映るん
だろう。聞いてみたくなります。

さて、この「アナベル 死霊館の人形」を観て
いたらアパート、悪魔信仰、赤ちゃんの要素で
「ローズマリーの赤ちゃん」を思い出しました。
だから黒人の人も…なんて思ったのもこれの影響
でアパートの上の階からの物音もあり、実は
アパートの住人も~なんて展開なのかと。

ラストでアナベルの行き先が冒頭のシーンに
繋がって、さらにそれは「死霊館」の冒頭に
繋がります。

ちなみに続編の「死霊館 エンフィールド事件
は7月公開です。主要キャスト続投は嬉しいです。
そして今度はポルターガイスト。こちらも楽しみ。

まとめるとアナベルちゃんは平成のチャッキー
ですっ!!(本当の時代からするとチャッキー
よりも先輩だけど)

あっ、主演女優の人がアナベルでした。これって
狙った??

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]