忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[102]  [310]  [309]  [86]  [262]  [308]  [28]  [82]  [56]  [182]  [18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
監督 森岡利行

原作 牛田麻希(作) 木村文(画)

出演 黒川芽以 (笹岡澪・いじめのリーダー)

    沢尻エリカ (新谷麻綺・転校生)

    美波 (潮崎マリア・いじめの標的)

    野波麻帆 (加藤茜・教師)


ものがたり
 笹岡澪はクラスの中でいじめのリーダー。ターゲットのマリア
には恨みもないがただ存在が不快というだけでクラスメートを
巻き込んで彼女をいじめていた。
 
 ある日転校生がやってくる。澪はマリアでなく転校生麻綺を
次のいじめのターゲットにする。が、いじめに対して弱々しい
ところを見せる彼女だったが、実は悪賢い性格だった。

 麻綺はクラスメートたちを自分に同情するように仕向け、
今度は澪がいじめのターゲットになってしまう。今まで
友達だと思っていた人たちまでもが澪をいじめだす。

 陰湿ないじめにも耐えられなくなった澪は自殺を考えるが
、それを止めた人がいた。それは自分が散々いじめていた
マリアだった。


感想
 今ドラマ「ライフ」でも話題になっているいじめがテーマの
映画。そして後で知ったのは原作者の牛田麻希は15歳の
現役中学生でこれを書いたと言う事。

 それだけにもしかしたらどんなドラマよりもリアルな内容
なのかもしれない。

 いじめの加害者が被害者になった事で知る、自分がどれだけ
相手を傷つけてきたのか。それがなければ主人公澪は自分の
家庭でのストレスや空虚な学校生活の不満をずっとマリアに
ぶつけていたのかもしれない。

 転校生といういじめのターゲットになりそうな存在を逆に
利用しいじめ側にまわることで自分の身を守る事を覚えた
麻綺もかわいそうな感じはする。

 そんないじめに教師が加わってしまう恐ろしさもあった。
コンビニで万引を澪に目撃されてしまった教師加藤茜は
課題の不正を澪だけのせいにしたり、澪の家庭環境の事を
汚い言葉で吐き捨てたり。

 挙句の果てには万引きの件を澪がうそを言ったことに
してほしいと懇願。拒否する澪を卑劣な手でおとしめる。
汚い大人の代表のように描かれている。

 それでも澪には自分がかつていじめていた被害者である
マリアとの真の友情が芽生えたり、ぶつかり合った事で
麻綺たちとも理解しあえたり。それがリアリティがある
事なのかは今学生である人にしかわからないだろうけど。

 登場人物の中でいじめられて弱い立場だと思っていた
マリアが一番強い人間だった。それはもちろんいじめに
耐えていたこともあるけれど、普通だったらいじめの
リーダーであった澪は許せないどころか恨みを持つ存在
なのに、いじめられて自殺を考える澪を助ける「一緒に
頑張ろう」
と。

 陰湿ないじめの場面に目を背けたくなるけれど、その後に
待っている友情の物語はきれい事でなく現実にありえる事
であろう事を信じてみたくなりました。

 ちなみに沢尻エリカは今や女王様キャラ全開、この役柄は
ホントにピッタリです。そしてマリア役のかわいい容姿の
美波は以前コスメブランド”マジョリカマジョルカ”
のCMに出演していたそうです。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]