忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[28]  [82]  [56]  [182]  [18]  [223]  [96]  [307]  [23]  [306]  [301
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サスペンス映画のジャンルに「エロティック・サスペンス」と
いうのがある。ただエロもサスペンスも同じくらい期待すると
はずれる事多々。

それはまるで男子がAVレンタルするのにパッケージと中身が
違ってがっかりするようなもの。

「ワイルド・シングス」はその中でもエロはもちろんストーリー
展開も予想のつかないもので、エンドロールまでもが目が離せ
ない秀作だった。


高校で若い教師によるレイプ事件が起こる。
訴えたのはセレブな女子高生。
しかし、不良娘が事件は狂言だと証言する。

出演:ネーヴ・キャンベル/マット・ディロン
    ケビン・ベーコン/デニース・リチャーズ





ここでちょっとだけネタばれ。

実はセレブ娘と不良娘はグルで、しかも教師も共犯だった。
目的はセレブ娘の母親から示談金で大金を巻き上げること。
このあと、一転どころか二転三転もしていく。

この設定を使い、物語も同じように進んでいくのが
「ワイルド・シングス3」

セレブ女子高生マリーは義父と母親の形見の

ダイヤを巡り遺産相続でもめていた。

しかし、義父はダイヤを隠したまま同級生

エレナにレイプで訴えられ裁判でも不利になってしまう。

実はマリーとエレナは共犯でダイヤを手に入れる為に

義父を罠にはめたのだが…



物語の流れは「ワイルド・シングス」と同じだと思い、この
ふたりの共犯説はわかっていたけれど、まさかここにある人と
その過去が関わっていたとは全然思わなかった。

だから途中からはエッ?エー!!とびっくりすることだらけ。

3も同じようにエンドロールで本編で隠されていた裏の部分が
見られるので、ここで納得する。

シリーズになっている作品で別の話(続き物じゃない)のものは
あまり面白いものに当たったことなかった。

「ワイルド・シングス3」は出演者も有名な人は出ていない
し、レンタルショップでもサスペンス物の中にポツンと
置いてあるような映画。

それなのに、これほど面白いとは。埋もれた中にもこういう
作品を見つけられてとても満足。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]