忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[617]  [616]  [615]  [614]  [613]  [612]  [611]  [610
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『あなたが私を見つけた
 そして私もあなたを見つけた』

監督:トッド・ヘインズ

あらすじ
 デパートで働くテレーズ(ルーニー・マーラ)。
クリスマスシーズンの忙しさの中一人の女性に
目を奪われる。彼女キャロル(ケイト・ブランシェット
は娘の為のプレゼントを買いに来ていた。

 忘れた手袋をきっかけにテレーズはキャロルの
家に行く事になるが離婚寸前の夫の訪問により
気まずい空気になってしまう。

 が、キャロルはテレーズに旅行の誘いをする。
彼女に惹かれ始めていたテレーズは承知し二人は
車で旅に出るのだったが…

冒頭のレストランで会うキャロルとテレーズの
シーンから出会いのシーンに戻りラストに再び
このシーンに戻ります。

お互いに友人のパーティに出る為に別れる二人
にこんな濃密で切ない物語があったなんてこの
時は思いもしませんでした。

それはデパートで二人の視線が絡みあうシーン
から始まりました。

クリスマスシーズンで大勢の客の中でふと視線
がとまるテレーズ。まっすぐ見つめる先には
毛皮のコートを着た美しい女性キャロル。そして
またキャロルもテレーズを見つめ返す。

「ハチミツとクローバー」にこんなセリフが
ありました。

人が恋におちる瞬間をはじめて見てしまった

まさに私がそうでした。あのセリフもなくただ
視線が絡み合うシーンで二人が恋におちたのは
ハッキリとわかりました。

これは名シーンの一つになるでしょう。

ただ50年代のニューヨークが舞台。今と違い
同性愛など許されない時代。

キャロルはその前にも彼女がいました。
反対にテレーズは自分は人を愛した事がないと
自覚していました。だからこの感情が何なのか
わからなかったのでしょう。

友情?憧れ?まさか…愛?

キャロルの夫は知っていました。彼女が女性を
愛する人だと。子供の単独親権を求めたのも
そんな母親の姿を見せたくなかったからでは
ないでしょうか。

ただキャロルも夫も自分の居場所はここでは
ないと感じていて離婚はするけれど子供は
自分の元へ、で揉めていました。

夫も可哀想なんですよ。やっている事は卑怯
かもしれない。探偵を雇ってホテルの隣の部屋
で盗聴させそれを親権を得る証拠としたり。
でも男ではなく女と浮気される気持ちが伝わる
なんで女なのか。

テレーズとキャロルは旅行先でやっと心を開放
して結ばれます。その美しさ。許されないし
人には言えない関係だからこそ燃え上がる。

幸せな、とても幸せな時間。やっと見つけた
私の居場所。

でもキャロルは選ばなければいけない状況に
追い込まれます。テレーズなのか娘なのか。

居場所を見つけたはずがそれは二つあって
でも一つにしなければいけない。

娘を選び「待っていてほしい」と告げるものの
テレーズも自分が選ばれなかった存在だと思い
別れる事を決意します。

娘と会いたい為に精神科を受診し(同性愛者に
対してはこのような処置が行われたらしい)
いい母親だけでいようとしたキャロル。

一旦は同性に対して愛情を持つ自分を抑えるもそれ
は本来の自分ではないしそんな自分に存在意義は
ないと悟ります。

そこで冒頭のシーンに戻ります。そしてこの先に
再び視線が絡み合うシーンがあるのですがここで
私はずっと平均点だったこの映画が一気に急上昇
するぐらい心を持っていかれました。

セリフがなくても伝わる愛情の確認。
これは素晴らしいです。鳥肌がたちました。

こんな時代だったからこそ自分のアイデンティ
ティを失わなかった勇気ある行動。この先だって
順調に行くはずもなく茨の道に違いない。

それでも私はここにいる。ここが私の本当の
居場所。

追加:パーティでテレーズに声をかけた女性も
同性愛者に見えたんだけどそうなのかな。あの
デパートのシーンを思いおこさせる視線。ただ
それは女性の一方的なものだったんだけど。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]