忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[312]  [311]  [71]  [102]  [310]  [309]  [86]  [262]  [308]  [28]  [82
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
監督 小田一生  原作 川原泉

出演 上野樹里 (司城史緒)

    伊勢谷友介 (司城一臣)

    関めぐみ (斎木和音)

    平愛梨 (更科柚子)

    菊地凛子 (桜井敦子)

ものがたり
 母親が亡くなった事で父親に引き取られていた兄一臣と暮らす
事になった史緒。そこはまるで別世界のような伯爵家だった。
 学校も”聖ミカエル学園”という超お嬢様学校に転校した
史緒だったが、今までの庶民の生活とはあまりにも違う為馴染め
ないでいた。が、そんなお嬢様学校にも史緒のようなタイプは
いるわけで、クラスメートの和音と柚子と友達になる。

 そんな中各国で良家の子女が誘拐される事件が発生。”聖
ミカエル学園”にも誘拐犯の魔の手が迫っていた。


感想
 実写映画でありながら、どこかマンガチックな展開は原作
とは違うものの好き嫌いがわかれそう。前半と後半の雰囲気
がガラッと変わるし、なんで??という疑問も多く説明は
なかった。

 それでもお嬢様からはみ出してしまう主役3人はそれぞれ
キャラが特徴的でよかった。特にスレンダー美人の和音役の
関めぐみは「ハチミツとクローバー」やドラマ「ライフ」
などの話題作に出演している。
 ちなみにどちらも美人な役柄。

 前半の”聖ミカエル学園”内の日常風景はとても面白くて、
それになじめない3人がコッソリとチキンラーメンをすすっ
たり、無理やりお嬢様言葉を使ったりで、このままの雰囲気
で進めばもっと面白かったかもしれない。
(個人的意見ですが)

 それが何故か突然超人的パワーを身につけてしまう3人。
『ミカエルさまのおぼしめし』だか何だか知らないけど。
そのパワーも誘拐犯と対決する後半には必要な設定だった?

 後半は”聖ミカエル学園”の生徒たちが誘拐され、それを
助けに行く3人の活躍。その姿はまるで「チャールーズ・エン
ジェル」のようです、3人だし。

 監督の趣味なのか特撮やアクションてんこ盛りで食傷ぎみ
になってしまいました。アクションの型もやっぱりどこか
「チャーリーズ・エンジェル」で見たことがあるような…、
とても似ています。

 予告編から「和製チャーリーズ・エンジェル」のような
感じだったので、それだと納得な後半だったと思いますが
原作からするととても違和感があった事でしょうね。

 途中からの展開には不満は残ると思いますが、難しく
考えないでサラッと観るにはいろんなジャンルの映画が
ミックスされていていいかもしれません。

 主役の3人はとても魅力的だし、なによりビックリ
だったのはナレーションが久々に聞いた”広川太一郎”
だったこと。

 名作?迷作?あの「Mr・Boo」シリーズで御馴染みの
あの声優さんです。そこまでハメを外していないけれど、
彼の声が聞けたのはとてもうれしかったですねぇ。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]