忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[307]  [23]  [306]  [301]  [305]  [304]  [90]  [176]  [169]  [303]  [62
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  
監督  瀧本智行

原作  雫井脩介

出演  豊川悦司 (巻島史彦)

     石橋凌 (曾根要介)

     笹野高史 (津田良仁)

     小澤征悦 (植草荘一郎)
            
ものがたり
 2000年大晦日。児童誘拐事件が発生する。現場指揮官の
巻島は身代金受け渡し現場でミスをし、犯人を逃がしてしまう。
 後日誘拐児童は殺害されて発見され、巻島は責任を取らされ
左遷されてしまう。

 それから6年後-神奈川県内で連続児童殺害事件が発生。
県警本部長の曾根は巻島を呼び戻し、現場の指揮を担当する
ように告げる。そして、メディアに出ることによって犯人に
接触する”劇場型捜査”に乗り出す。


感想
 6年前の犯人がまだ捕まっていないこともあり、今回の
事件もその犯人によるものだと匂わせている。犯人像は
全く絞られないもののベテラン刑事津田の一言が後で意味を
なしてくる。

 犯人通称”BADMAN”にTVのニュース番組に出演
することによって接触をしかける役目をする巻島が6年前の
事件でもメディアに露出しバッシングを受けていたという
トラウマを抱えながらの苦悩を感じた。

 その巻島のお目付け役ともいえるキャリア組の植草。彼は
本当に嫌で救いようがないほどに描かれている。
 ライバル局美人アナウンサーと大学の同期であったことから
彼女を物にする為、それに目の上のたんこぶともいえる巻島の
失脚を狙って、彼女に警察の内部情報や巻島の6年前の失態を
リークすることになる。

 それは彼女の女の武器を使っての上昇志向にまんまと植草が
はまってしまった事によるのだが。

 あくまで”BADMAN”が誰なのか犯行動機は何なのか、
などはあまり重要ではなかったように思える。それほど、
最後はあっけない幕切れになっていた。

 それよりは、警察内部の上下関係による責任のなすりつけや
反対に犯人逮捕による手柄を上司が持っていったり、企業で
ありがちな事が警察内部でも行われているのかと思うと、
現実の事件の釈明会見などに露出している人たちも上からの
指示で責任は他にあるのかもしれないと勘ぐってしまう。

 犯人や被害者家族、事件担当の巻島刑事と家族、それぞれが
ひとつの事件によって交差して感情がもつれ合っていくのが
日本映画だったからかとてもよくわかった。

 ニュース番組で巻島が犯人に呼びかけるシーンは静かに
それでいて視線は鋭く、内面からの迫力がとても感じられる
シーンだった。

 ちなみにこれは”劇場型捜査”だったが初めての”劇場型
犯罪”(TVカメラの前で犯行の一部始終が流れる)を
モデルにした映画はアル・パチーノ主演の狼たちの午後だそう。 

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]