忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『美人はブランド品、私は返品!? だから私変わります』
 
B001510M8Sカンナさん大成功です! 特別版(2枚組) [DVD]
キム・アジュン, チュ・ジンモ, キム・ヨンハ
ワーナー・ホーム・ビデオ 2008-05-08

by G-Tools

監督:キム・ヨンファ    原作:鈴木由美子

あらすじ
 人気歌手アミのゴーストシンガーをしているカンナ(キム・アジュン
は体重約100Kgの巨漢。その為歌が上手いのに表舞台に立てず、
仕事場は華やかな舞台の下。

 そんなカンナにやさしく接してくれる唯一の男性は音楽プロデューサー
のサンジュン(チュ・ジンモ)。彼が好きだからアミからの冷たい仕打ち
にも耐えられていた。

 が、アミとサンジュンの会話からサンジュンのカンナへの本心を
知ってしまう。失意のカンナはテレクラのバイトの顧客である整形
外科医を訪ね、全身整形をする事に。

 1年後、ナチュラル美人に生まれ変わったカンナはジェニーと名乗り
再びサンジュンの前に現れる。今度はゴーストライターでなく、堂々と
表舞台に立つカンナ。

 サンジュンはカンナとは知らずにジェニーに惹かれ始める。それを
快く思わないアミはとうとうジェニーの正体を突き止めてしまう…


 原作は鈴木由美子さんのマンガです。勘違い女を主人公にした
コメディを何作も書いていて、この「カンナさん大成功です」も
その中のひとつです。

 原作では元の姿はシルエットだけでしたが、この映画以上にすごい
体型にすごい顔立ち、らしい。まぁこの映画は主人公がカンナという
名前で全身整形をする所だけ原作と同じで話は全く違います。

 それにしても最初の頃のサンジュンの腹が立つことと言ったら
カンナにやさしくするのもゴーストシンガーとして利用している
だけ。もしカンナに逃げられたらアミはシンガーとしてやって
いけなくなるし、自分のプロデューサーとしての成功もおじゃんに
なってしまうから。 

 ただね、整形前のカンナの姿が…違和感ありすぎるんだよね
特殊メイクの技術的な問題なのか。これだったらマンガ通りシル
エットでもっと大げさな体型にした方がよかったんじゃない?

 で、整形後はまるで手を加えてないかのようなナチュラル美人に
変身。お国柄韓国は整形に対して負い目はないのかと思ったら、
やはりナチュラルが好意的に受け入れられるんですねぇ。

 整形についてサンジュンに尋ねても「整形は別に構わないけど
恋人がするのはイヤだ」との事。このへんの感情は日本の男性と
同じですね。

 さて、ジェニーとして第二の人生を歩みだしたカンナは昔の
自分を捨て、父親をも捨てる事を決意。もし自分がカンナだと
ばれてしまえば歌手としての成功もサンジュンも失ってしまう
かもしれないから。

 だけど、外見は胸を張って街を歩けるような美人でも心はまだ
昔の頃のままだからついついパッとしない人の気持ちに同意したり
して他の人から見たら変に思える行動をしてしまう。

 カンナは本当はサンジュンに整形の事を告白したいのに上手く
いかない。でも、彼との仲は順調に接近していく。

 ここで不満なのがサンジュンはカンナの姿だったら絶対に
受け入れなかったはずなのに美人のジェニーなら即受け入れ準備
完了か?所詮、見た目は重要なんだよなっ

 原作みたいにコメディ色が強いと思いきや、歌手を夢見る女の子の
サクセス・ストーリーのような仕上がり。それにちゃんとアンチ・
ファンが出来たってのも奇麗事だけでは終わらない風でよかったです。

 ジェニーのファースト・ライブシーンには少し感動したし、彼女の
デビュー曲「マリア」が最高にいい曲なんですよ

 それにしても、カンナの友達が森三中の黒沢さんでサンジュンが
中村俊介に見えたのは私だけでしょうか。

 整形ってネガティブなイメージを明るく、ちょっと涙路線ありで
見終わった後元気になれる映画でした

 ☆同じ韓国映画で整形がテーマの「絶対の愛」の感想は⇒ここ

  ◆1クリックで↓気分はハッピー◆
       にほんブログ村 映画ブログへ

拍手

PR
『やまだないと原作の「エリ従姉弟関係」と「ラマン」』
 
B0001E3EGMエリ 従姉弟関係 [DVD]
川原京 松尾玲央 崔哲浩
ジーダス 2004-03-26

by G-Tools

あらすじ
 主人公ノブは亡き祖母の家で暮らしている。恋人とベッドにいると
ドアを激しく叩く音が…。

 訪問者は従姉弟のエリ。「眠らせて」と言うとノブの恋人をベッド
から追い出し、あげくのはてに「しばらく居させて」と勝手に話を
進めてしまう。

 ”いつもそうだ”ノブは幼い頃からこの強引なエリに振り回され
続けていた。案の定ノブの友人宅に泊まったエリは翌日には次の
男を見つけどこかに行ってしまった。

 そして2週間後。エリは再びノブの家を訪れる。”恋とは違う”
そう思い続けているノブだったが、一線を越えてしまう…

B000A2I7IAラマン [DVD]
七里圭
ハピネット・ピクチャーズ 2005-08-26

by G-Tools

あらすじ
 17歳の誕生日。自分の若さは永遠ではないと悟った少女は背中に
天使の羽のタトゥーを入れ、そして3人の中年男と愛人契約を結ぶ。

 お互いの素性も名前も知らない関係の中、少女は男たちに華子(安藤
)と名づけられ、華子は男たちをA(田口トモロヲ)、B(村上淳)、
C(大杉漣)と呼んだ。

 何事にも無気力だった華子はいつしか放課後のひと時だけの関係の
彼らに父親のような恋人のような感情を抱くようになる。

 が、華子にある事件が起こり、Cもナイフで刺されて入院してしまう。
3人といる事が当たり前の事のように思えてきた華子だったが、契約の
1年はもうすぐ終わろうとしていた…


 どちらもかなりエロティックな映画。そして、原作はやまだないと
 私の大好きなマンガ家です

 まずは「エリ従姉弟関係」ですが、これは「恋に似ている」という
単行本の中にあります。映画を見た後に読み直しましたが…

 セリフや話の進み方は同じなのに何でこんなに違っちゃうのかな?
と疑問に思ってしまいました。確かにエロティックなマンガを映像化
ってコンセプトには合っているけど。

 特にエリのキャラが映画ではセックス大好きなだけの軽い女にしか
見えなかった。原作はもっとサバサバしていて明るい。男好きなのは
同じだけど。

 後半エリの旦那が現れてってシーンも原作はもっと痛々しさを感じたし、
ラストシーンなんてもっとわかりやすかった。
 鍵は直接渡した方が二人がどうなったのかが想像しやすかったかも。

 そんな中ノブの友人カップルが月を見上げながら「こういう時に
結婚したいって思うんだよなぁ」のシーンは、あ~~わかる!!って
思いましたよ。
(いや、別に初Hした直後でって訳でなく上手く言えないけどあの
映画のシチュエーションでって事ですよ。一緒にいて癒される瞬間
とか、ですかねぇ)


 それでもエロティックって点では花丸をつけましょ。女性もこれ
ならレンタルしやすいと思いますよ。
(AVに慣れた男性は絶対に物足りないって言うでしょうけどね)

 そして「ラマン」。これはわかりやすく言えばフランス映画の「愛人
ラマン」の日本版です。それにキャストを見れば観たくなるでしょ
(「愛人ラマン」も何回も観た大好きな映画)

 個人的にやまだないとのマンガで一番好きなのがこの「ラマン」
まぁ一番エロいマンガでもあります

 中年男の愛人になってしまう女子高生ってモラルに反するなぁと
感じる人多いでしょう。確かに私も某ケータイ小説をチラ読みして
今時の中高生は貞操観念なんてないのかってイラっとする事あります
からね。

 主人公は別にHがしたいとかじゃなく、自分が生きているって実感
を得たいが為に彼らの愛人になったのだと思います。男たちも華子に
愛人の報酬は渡さないし、たまに勉強なんて見てくれる。

 学校や家庭での自分の居場所を確保できない少女がやっと自分の
居場所を見つけられた。それがこの愛人たちの所。

 普通女子高生を愛人にしている中年って言うといやらしビーム全開
だったり、ギラついていたりする所このABCは原作の雰囲気を壊さずに
サラッとスマートな男たち。
(まぁやってる事はHなんですけどね)

 この3人だったから原作の持つエロティックなんだけど、この不純な
関係に人の血の通った暖かさを感じられたのかもしれません。

 原作の持つフランス映画のような雰囲気やセリフ回しがこの映画には
充分表現されています。

 大人へのステップを上がる為の切ないラストシーンには心がキュンと
なりました。

 まぁエロティック映画として残念だったのはあまりエロくない所
かなぁ。安藤希ちゃんは脱がないけど、いろんなシーンに挑戦して
頑張ってはいましたが…

 今回はやまだないと原作の二本をご紹介しました。オススメは断然
「ラマン」の方ですよ!!
(そろそろジャンルにエロティックってのを設けようかなぁ)

  ◆1クリックで↓気分はハッピー◆
       にほんブログ村 映画ブログへ
 <原作者やまだないとの作品>
      


拍手

『あれから4年後、キャリーたちの恋愛模様は?』

satc
監督:マイケル・パトリック・キング

あらすじ
 キャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)は今や3冊のベストセラー
を送り出したNYの女性の憧れの存在。もちろん紆余曲折を経て恋人
同士になったビッグ(クリス・ノース)とは順調。

 一方恋人スミスのマネージメントを務めるサマンサ(キム・キャトラル
はロスに引越し。養女を迎えたシャーロット(クリスティン・デイ
ヴィス
)は夫ハリーと幸せな結婚生活を満喫。仕事に子育てに忙しい
ミランダ(シンシア・ニクソン)は悪戦苦闘の毎日を送っていた。

 ある日、新居を探していたキャリーにビッグが突然のプロポーズ。
独身貴族を謳歌していたキャリーもとうとう結婚を決意し、NY中が
そのウワサで持ちきりになる。

 しかし、結婚式の当日ビッグは式場に現れなかった…


 チャラチャ、チャッチャッチャー♪あのテーマ曲が流れてくると
ワクワクしちゃいます。それがファーギーの新曲に変わるんですよ、
さらにワクワク感が増すぞっ

 ドラマの映画化ってやっぱり見た事ないとわからないんじゃない?
と心配する人も多いでしょう。それは原作のある話を映画化したのと同じ
です。 わからなくてもちゃんと映画は理解できるでしょ
(ちゃんと冒頭、ダイジェストで登場人物紹介アリ)

 まぁそれにしてもキャリーのファッションショーでも見ているかの
ように衣装チェンジが多い。女性ウケのよい要因のひとつですね。
 スタイリストのパトリシアのギリギリおしゃれにみえるようなセンスも
参考に出来るような出来ないような。
(キャリーのスタイルを持ってしなければ着こなしは難しそう)

 ヴォーグ社全面協力のウエディングドレスの試着シーンは女子必見です。
 あのミニのランバン…かな?のドレスがキュートでした。もちろん、
本番で着たヴィヴィアンのドレスもあの年齢だとギリOKってとこですね。

 と、キャリーだけでなくほかの3人のファッションもそれぞれの性格に
合わせていて彼女たちらしさが出ていました。サマンサのラメラメとか、ね。

 そんな彼女たちも40代を迎え(サマンサは50代突入、にしては
若いっ)、特定のパートナーが出来共に歩んできたものの、やはり
悩みはつきないようで…。

 キャリーは彼氏がいるとは言え宙ぶらりんな立場。もしビッグと別れ
たらと考えると生活やこれからの恋愛に不安がいっぱい。

 サマンサは若い恋人スミスと上手くいってるもののマンネリ化。セクシー
な隣人にドキドキするも昔のようには喰い逃げできない。
(マンネリ打破の女体盛り、セクシーだけど笑えます)

 シャーロットは夫ハリー、養女や愛犬たちと幸せに暮らしてはいるが
やはり自分の子供が欲しい。諦めた頃、突然の妊娠発覚。

 ミランダは多忙な毎日の中スティーブとの夜の生活が面倒になる。
それが原因でスティーブはたった一度の浮気を告白。二人は別居生活に。

 これが女性だけにすすめるのはもったいないような内容で。例えば
ビッグの立場になると結婚は決めたけれど自分はバツ2だから派手な式には
したくないのにキャリーの立場上増える招待客たち。それは自分の結婚式
というよりはキャリーだけの為のものに見え怖気づいてしまう。

 結婚式って二人で進めるつもりが女性主体になってしまう。あの華やかな
ドレスを身にまとう女性を見ると男性なら主役は二人でなく女性なんだと
思ってしまうかもしれません。

 そして、浮気したスティーブ。彼はちゃんと家事も育児も手伝う良き
夫なんですよ。でも嫁ミランダが忙しすぎる。浮気は肯定できないけれど
少しは同情しちゃうなぁ。

 たった一度、それも後腐れない浮気。でも、潔癖なミランダにはそれが
どうしても許せない。ここが男女の性に対する感覚の違いなのかもしれない
ですね。無理に相手してやれ、って訳じゃないけど断り方ももうちょっと
相手の気持ちを考えたら?って思いました。

 中で一番おいしい役だったのはシャーロット。傷心のキャリーを心から
笑わせたのは彼女のチョコプリン事件だし、ビッグとの再会のきっかけを
作ったのは彼女が破水した事から。

 でも彼女の言っていた「幸せばかり続くとその見返りに不幸が訪れる
んじゃないか」と心配になるセリフ。これは時々私も思います。ただ
「この不幸があったからこの幸せがある」と逆に思う事が多いですけど。

 キャリーの傷心をなぐめるのは女友達や新しいアシスタントなど
やはり女性ばかり。こういう強い絆で結ばれた友情は恋人など異性に
対する愛情よりも強いのかもしれませんね。

 さて、キャリーは今度こそハッピーエンドを迎えるのか。そもそも
幸せってなんだっけ、なんだっけ。ラストのキャリーの言葉が30代
とは違う40代の恋愛を物語っているようでした。

 NYでも日本でもアラフォー世代の活躍がめざましい最近にピッタリな
映画でした。まだまだ40代は若いぞっ!!

  ◆1クリックで↓気分はハッピー◆
       にほんブログ村 映画ブログへ

<サントラも購入しちゃいました。ファーギーたん、最高っす>
映画「セックス・アンド・ザ・シティ」オリジナル・サウンドトラック映画「セックス・アンド・ザ・シティ」オリジナル・サウンドトラック
ファイファー・ブラザーズ・オーケストラ

by G-Tools

拍手

『三股かけてたモテ男に元カノたちが復讐開始』

B001BAODMOモテる男のコロし方 (特別編)
ジェシー・メトカーフ, ブリタニー・スノウ, アシャンティ, アリエル・ケベル, ベティ・トーマス
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2008-09-05

by G-Tools

監督:ベティ・トーマス

あらすじ
 母の都合で転校を繰り返すケイト(ブリタニー・スノウ)は地味で
存在感のない女の子。密かにバスケ部のジョン(ジェシー・メトカーフ
に恋していた。

 ところがジョンの彼女3人のケンカに巻き込まれ、仲裁に入った
ケイトは彼女たちに気に入られてしまう。そして、3股をかけていた
ジョンに制裁を加える計画に参加させられる事に。

 その計画とはジョンがケイトに好意を持った時に振ってしまい
モテ男のプライドをズダズダにしてしまうというもの。3人の
協力もあり、チアリーダーとして学園の人気者になっていくケイト。

 ジョンへの憧れの気持ちを隠しデートを重ねるが、罪悪感は拭えない。
それにジョンよりも弟の方が気になってきた。そして、復讐計画の
クライマックスにふさわしいジョンのバースディパーティが近づいて
くる…


 タイトルは物騒でインパクトがあるし、ジャケ写は色っぽいけれど
高校が舞台のとても可愛らしいティーンムービーです
 ジャケ写のようなベッドシーンなんてありませんから、期待しない
ように 

 地味なケイトが最初からある程度可愛いのはどうなの?まずメガネっ子
からでしょ。もしくは髪の毛がクセ毛だとか歯を矯正してたりとか。

 ケイトが地味で恋愛に奥手なのには理由があって、母親が反面教師
だから。引越しばかりなのもシングルマザーの母は彼氏と別れると
その町から引越し。そして別の土地でまた彼氏をGET、の繰り返し。

 そんな母を見ていたケイトはジョンの元カノ3人(アシャンティ、
ソフィア・ブッシュ、アリエル・ケベル
)にモテ男に復讐する為の
適切なアドバイスをし、気に入られる。
 だって、ジョンを母親の立場に置き換えればいいからね。

 作られた人気者ケイトは見向きもされなかった存在から注目される
存在へと変わる。それも心地いいけど…自分じゃない。虚像と本当の
自分とで葛藤してしまうのは当たり前。

 それに元々ジョンに憧れる女の子のだったのに、彼を傷つける役割
をする事も心苦しい。「君も他の子と一緒だったんだね」とジョンの
弟に冷たくされるのも、気が合う相手だったから悲しい。

 ケイトと元カノの計画は成功するのか?ケイトが本当に好きなのは
ジョン?それとも…

 モテる男に痛い目に合わされてきた女子にはラブコメディなので
タイトルのわりに物足りない内容なのかも。
 もっと痛い目に合わせてしまえ!!って声が
聞こえてきそうです

 ジョンに恥をかかせようとするのに、何故かそれがいい方向へと
転んでしまうのが笑えます。ラストではTバックも流行っちゃうんだよね。

 最後にチアリーダーなのにアシャンティの腹はいいのかっそんな
細かい部分が気になってしまいました。(ファンの人ごめんなさい

★元カノの一人アリエル・ケベルが恋のライバル役だった
  「愛しのアクアマリン」の感想


  ◆1クリックで↓気分はハッピー◆
       にほんブログ村 映画ブログへ

拍手

『あの雲は私の恋も家族も奪い去って行った…』

B000OMD1H8みえない雲
グードルン・パウゼヴァング マルコ・クロイツパイントナー
ハピネット 2007-05-25

by G-Tools

監督:グレゴール・シュニッツラー

あらすじ
 ハンナ(パウラ・カレンベルク)は母親と幼い弟ウリーと3人で暮らし
ている普通の女子高生。最近授業中助け船を出してくれた転校生エルマー
フランツ・ディンダ)が少し気になっている。

 テスト中エルマーに呼び出されたハンナは愛を告白され、エルマーと
初めてのキスをする。心が通じ合った時に町中にサイレンが響く。

 原発の事故が起こり町の人たちは警察の警告を無視し、車で逃げ出し
始める。出張中の母親から電話で叔母の家に避難するよう言われた
ハンナもウリーと自転車で駅に向かう。

 ウリーの事故死、駅でのパニック状態の人たち、そしてエルマーとの
別れ。失意のハンナは放射能を帯びた黒い雲から降る雨にうたれてしまう。

 ハンナが意識を取り戻したのは病院の一室。命は助かったものの
放射能の影響で髪が抜け始める。そこへハンナの居場所をつきとめた
エルマーが会いに来るが…


 原作本はチェルノブイリの事故の翌年に発表され、20年後にこの
映画が完成したそうです。日本にはドイツよりも多い原発が起動して
いるので人ごととは思えない気持ちになるでしょう。

 普通の日常に突然襲ってくる非日常の災害。それを普通の女子高生の
視点で描いているのでリアルです。

 だってどうして原発の事故が発生したとか政府の対応はどうなって
いる、なんて一般の人たちはわからないまま被害に巻き込まれたり、
その後の復興が始まったりしますからね。

 最初は明るくどこにでもある甘酸っぱい青春が描かれます。モテモテの
友人に対して平凡な主人公。無口で影のある転校生。男子生徒のバカ騒ぎ。

 転校生エルマーは最初からハンナに好意を持っていたから授業でも
助けてくれた。それを告白されたのがテスト中、トイレに行くと抜け
出した時。ハンナも気になる存在だったエルマーからの告白と突然の
キスを受け入れる。

 が、そこから怒涛の展開。最初は訓練だと思っていたサイレンが
現実のものだとわかった瞬間からパニック映画に変わります。

 母親がいない為幼い弟と足がないから自転車で駅に向かうハンナ。
町は車で逃げ出す人々で大渋滞。弟に心配かけまいと明るく気丈に
振舞うハンナに悲劇が訪れる。

 猛スピードの車にひき逃げされる弟。遠くからやってくる黒い雲
の恐怖。駅に詰め掛ける自分だけは助かりたい気持ちの人々のパニック。
 ハンナの心は弟を亡くしたショックから折れてしまい、生き延びる
事を諦めてしまったかのように駅を後にし、雨にうたれてしまう。

 隔離病棟に入れられたハンナを訪ねてくるエルマー。たった一度
キスをして気持ちを確かめ合っただけなのに、家族を捨てる覚悟で
被爆者扱いとなりハンナのそばに寄り添う事を選択する。

 どんな姿になってもハンナを愛する気持ちは変わらないエルマーに
家族は亡くしてしまっても彼さえいればいいと人生をやり直す為に治療に
専念するハンナ。

 退院したハンナがスキンヘッドを隠さずに登校したり、周りから
被爆者だと好奇の目にさらされたりしても、それを隠そうとせずに
堂々としている彼女の力強さは美しいです。

 愛されると言う事は生きる希望や力を与えてくれる。愛すると言う
事はその人の苦しみをも共有して絶望から救い出してあげられる。

 原発事故という題材を爽やかな青春恋愛映画に味つけした「みえない
雲」。重すぎるテーマでありながらラストには生きている事の素晴らしさを
感じさせてくれる映画でした。

  ◆1クリックで↓気分はハッピー◆
       にほんブログ村 映画ブログへ

拍手

『憧れのアイドルと恋仲になっちゃった…』

B000ALIZ7Eアイドルとデートする方法
ケイト・ボスワース, トファー・グレイス, ジョシュ・ダメール, ネイサン・レイン, ロバート・ルケティック
角川エンタテインメント 2005-10-07

by G-Tools

監督:ロバート・ルケティック(「キューティ・ブロンド」)

あらすじ
 田舎町のスーパーの店員ロザリー(ケイト・ボスワース)は憧れの
人気俳優タッド・ハミルトン(ジョシュ・デュアメル)とのデート権
の懸賞に大当たり。ハリウッドで夢のようなタッドとのセレブなデート
を楽しむ。

 地元に帰ってきたロザリーは現実の生活に戻るが、突然タッドが
スーパーに現れここに引っ越すことにしたと告げる。タッドは都会
にはいない純粋なロザリーに心惹かれていたのだ。

 その二人を面白く無さそうに見つめるのがロザリーの幼なじみの
ピート(トファー・グレイス)。ずっとロザリーに恋していた彼が
やっと告白しようとしていた矢先にタッドが現れたのだ。

 田舎町の住人たちもタッドを大歓迎し、ロザリーの父親までも
浮き足だっていた。憧れなのか恋なのかわからないままロザリーは
タッドとのデートを楽しむが…


 なんて女子が好みそうなシチュエーションなんでしょう若い頃
なら誰もが一度は夢(もしくは妄想)したであろう憧れのアイドル
との恋愛。

 私が学生の頃のアイドルといえばたのきんトリオや松田聖子、
キョンキョンが全盛期でした。…歳がバレそうですが

 そんな憧れのアイドルとのデート権でのリッチデートがきっかけで
本当に彼が自分を好きになってしまうなんて。
(ケイト・ボスワースぐらい可愛くなきゃ無理でしょ。…って夢ないなぁ)

 タッドにしてみれば都会にはいないタイプの田舎娘ロザリー。最初は
毛色の違う彼女に、そしてその彼女を育てた環境に興味を持ちハリウッド
から逃亡するように引越し。その時点では恋というより友情ってお互い
に納得していた。

 でも、やっぱり夜景のキレイな所ってムード満点の場所に行っちゃうと
燃え上がっちゃうよね~~心も体も。邪魔が入ってキス止まりだったけど。
(ピートが女の子の大切なモノを”乙女の宝”と言うのってなんだか
古臭い言い回しだなぁ)


 なにをやってもかっこいいタッドとパッとしない幼なじみのピート。
どんどんロザリーの心はタッドに向いていく。焦るピートはロザリーに
恋してる風な態度をとるのに全然気付かれない。
 
 ピートがロザリーを好きだと知ってしまうタッドだけど恋のライバル
だからピートの殺し文句をさも自分が言った様にロザリーに告白しちゃう
んだよね。
 そんな卑怯な手を使っても、いい人なんだよなぁタッド。だから
腹立たないんだよね。

 スターさんと幼なじみとの三角関係になってしまったロザリー。
真実を知った時に彼女が恋の相手に選ぶのはどっち?

 昔からずっとそばにいた相手と恋愛に発展するには何か起爆剤に
なるような存在が必要なんですね。そんな事を感じさせてくれた
明るい恋愛映画でした。

 ★監督ロバート・ルケティックの「ウエディング宣言」の感想
 ★憧れの女優とデートするまでのドキュメンタリー「デート・ウィズ・
  ドリュー」の感想


  ◆1クリックで↓気分はハッピー◆
       にほんブログ村 映画ブログへ 

拍手

『わたしは信じてる、二度目の奇跡が起こることを…』

B00132L33Mヒーリング・ハート
ケニー・ビー, ミッシェル・リー, スティーブン・フォン, トニー・レオン, ゲイリー・タン
ジェネオン エンタテインメント 2008-03-21

by G-Tools

監督:ゲイリー・タン

あらすじ
 医師チェン(トニー・レオン)は恋人を事故で亡くしてから、仕事
一筋に生きてきた。が、患者の気持ちも考えず病気を告知してしまい
患者の自殺未遂騒ぎを起こしてしまう。

 チェンの同僚ポール(ケニー・ビー)は昏睡状態の患者ジャッキー
ミッシェル・リー)に時間さえあれば付き添い、声をかけていた。

 ある日突然目覚めたジャッキーにポールは喜びリハビリに励むが
彼女はポールを友達以上には思えないと告白する。

 退院したジャッキーを街で見かけたチェンは彼女が泊まる場所に
困っていると知り、仕事が決まるまで自宅に泊まるように提案。その日
からチェンとジャッキーのプラトニックな同居が始まる。

 最初は口うるさいジャッキーに困惑していたチェンだったが、次第に
彼女の存在がなくてはならないものになってくる。二人の心が通い合い
そうになった時悲劇が起こってしまう…


 先日観た「傷だらけの男たち」に予告編として入っていたのがこの
「ヒーリング・ハート」。もちろんトニー目的しかし、思わぬ収穫が
ありました

 共演のミッシェル・リーがめちゃキレイもう、惚れてまうわ~~
即調べてみると昔資生堂のピエヌのCMに出演してたんですね。ケリー・
チャンと中谷美紀と一緒に。

 さてこの映画は予告編の雰囲気から恋愛の王道だと思っていたら
途中まで違うんですよ。医療ミスや火災現場での救助、病院に対する
裁判沙汰、など病院が舞台のドラマのような展開。BGMが少~し
ERに似ていたような…

 それがチェンとジャッキーの同居生活が中心になるとやっと恋愛物
らしくなってくる。この二人の関係が超プラトニックでくっつきそう
なのに告白できないからすれ違ったり、ん~~もどかしい~~

 チェンのプライベートにどんどん首を突っ込んでくるジャッキーは
生活感のない部屋やチェンの面白みのない生活に遊び心を運んでくる。
 山ほどのジャンクフードや何もなかった棚に缶詰やインスタント食品
を詰め込み、生活感のあふれる部屋に変えていく。

 ここで気になるシーン発見

 ジャッキーに無理やり買わされたトランクス。それをまるで初めて
履く下着のようにこっそりとひとりで「ど~かな」ってな雰囲気で
鏡の前でポーズをとるチェン。

 香港ってブリーフが主流??ま、その時のトニーがかわいいから
いいんだけど。
 あっ、でも白ブリーフはヤだな。希望はボクサーパンツで

 ジャッキーの引越しが決まって本当は引き止めたいのに素直に
言えないチェンと引き止めて欲しいジャッキー。ここで二人は別々の
生活に戻っていく。

 が、ジャッキーが壁に頭をぶつけたせいで脳腫瘍が発覚。その事実を
告げられないチェンのセリフは心に染みます。

「彼女に告知するのは愛してると告白するより難しい」

 二度目の奇跡を信じているジャッキーにチェンは医者ゆえに彼女の
病状がどれほどのものかわかっているからつらい。

 またチェンは目の前で恋人を亡くしてしまう。そんな絶望を彼に
味わって欲しくないジャッキーはある選択をする。それは自分の為で
なく、彼の未来の為に。

 恋愛に病気とくれば暗い話を想像しがちですが、これは明るくて
最後ちゃんとホロッとさせてくれます。

 失った恋のつらさを癒して(ヒーリング)くれるのは新しい出会い
なんでしょうね

  ◆1クリックで↓気分はハッピー◆
       にほんブログ村 映画ブログへ

拍手

『わたし、16歳の女子高生でただいま妊娠中』
 juno
監督:ジェイソン・ライトマン

脚本:ディアブロ・コディ(アカデミー脚本賞受賞)

出演:エレン・ペイジ(ジュノ/高校生)
    マイケル・セラ(ブリーカー/ジュノの男友達)
    ジェニファー・ガーナー(ヴァネッサ/里親の妻)
    ジェイソン・ベイトマン(マーク/里親の夫)
    アリソン・ジャネイ(ブレン/ジュノの継母)
    J.K.シモンズ(マック/ジュノの父親)

あらすじ
 ジュノ(エレン・ペイジ)は皮肉屋で少し変わった女の子。ある日、
妊娠検査薬からピンクのプラスが浮かび上がってしまう。

 ”妊娠!?”。男友達のブリーカー(マイケル・セラ)と遊びでした
一回だけのセックスで子供ができてしまったのだ。一応ショックを受け、
自殺も考えたが「まぁなんとかなるさ」といたって前向きのジュノ。

 堕胎しようと病院へ行くが胎児にはツメが生えていると聞き断念。
次の手段として親友のリアと里親探しを始める。

 理想的な里親ヴァネッサとマークの夫婦。どこか完璧主義そうな妻
よりも音楽好きなマークと意気投合するジュノ。それから時々彼らの
家を訪問するようになる。

 ジュノの両親も妊娠に驚いたものの里親に出す覚悟のジュノに協力的。
ただブリーカーをある言葉で傷つけてしまうジュノだった…


 きっと日本だと数々の困難を乗り越えめでたく母性が目覚めて終わる
パターンになるでしょうね。そういう涙の物語を期待している人は
観ない方がいいでしょう。全然そういう映画じゃないですから

 脚本がいけてると妊娠がテーマでもこうも違うのか。ティーンの
妊娠って問題作なのにこんなに見終わった後ハッピーでほのぼのと
するなんて思いもしなかった

 音楽が軽やかなフォークソング(でいいのかな?)でのんびりと
していて少し昔の青春物みたいな感じオープニングのアニメと実写
の融合がこの先の物語がとてもキュートでPOPなんだろうなと予感
させてくれます

 ここまで明るい映画になったのはなんといってもジュノのキャラクター
のよさ。普通に考えたらとても無責任な女の子なのにね。

 妊娠発覚してもあっけらかんとしていたり、言葉に計算がなく自分の
気持ちをストレートに表現していたり、皮肉屋だったり。

 彼女のセリフがとっても面白く、それがキャラクターの魅力を倍増
させているんでしょうね。もちろん、エレン・ペイジ最高っす

 ジュノはもちろん周りの人たちもいいキャラ。最初はダサッくて
頼り無さそうなブリーカー。何で彼が相手だったのか?と思ったけど
「あなただけが私のお腹じゃなく顔を見てくれた」とジュノに言わせて
しまうほどに気持ちはまっすぐジュノに向いていたんだねぇ。

 ジュノのパパも「ありのままのお前を愛している人を見つけて」と
粋なメッセージ。「もちろんパパはお前を愛してるよ」と言うことも
忘れないパパ。

 子供にちゃんと愛情を言葉で伝えている。それをちゃんと素直に
受け取っている。
子供が難しい問題を抱えた時もジタバタしない
父ちゃん、いいねぇ
 
 継母という普通の映画ではイジワルそうな役になりそうなブレンの
愛情もかっこいい
 「ティーンの妊娠は家庭環境が最悪」とほざいた超音波技師に食って
掛かったり、こっそりとジーンズのウエストにゴムを縫いつけ妊婦仕様に
したり、栄養たっぷりの食事を作ったり。

 望まない妊娠の結果里親に出すって日本とは制度が違うからか契約
してしまえばみんなドライに受け止めている。そこが納得いかないと
この映画は苦手かもしれないですね。

 ジュノは子供を望んでいないからお腹の中にはツメの生えたエイリアン
がいるのと同じかもしれないけど、ヴァネッサにとっては夢に描いて
いた天使がそこにいる。

 ラストでのジュノからヴァネッサへの手紙には二人の”覚悟”が
一致してやっとわかりあえた気がしました。

 妊娠から始まった恋、って順番は逆だけど、とってもかわいらしい
初恋物語を見せてもらいました。キスシーンと最後のデュエットは
もう爽やかすぎますよっ。

 余談ですが映画の中に出てきたヴァネッサの香水クリニークの
ハッピー
、あれいい香りですよね~~結構好きですよ

   ◆1クリックで↓気分はハッピー◆
       にほんブログ村 映画ブログへ
      

拍手

『あの人は今の元ポップスター、復活なるか?』
 
監督:マーク・ローレンス(「トゥー・ウィークス・ノーティス」)

出演:ヒュー・グラント(アレックス/元ポップスター)

    ドリュー・バリモア(ソフィー/植物世話係)

    ブラッド・ギャレット(クリス/アレックスのマネージャー)

    クリステン・ジョンストン(ローンダ/ソフィーの姉)

    ヘイリー・ベネット(コーラ/大人気の歌姫)

あらすじ
 80年代に大人気だったバンド”POP”のヴォーカル、アレックス。
今や人気は下降して、遊園地やイベントのドサ回りでなんとか仕事を
続けている。

 そんな彼にチャンスが訪れる。セクシー歌姫コーラの新曲の依頼だ。
が、競争相手は何人もいるし、何より彼は作曲はできても作詞の才能が
ない。

 そこへ植物の世話をしにソフィーがやってくる。彼女の文才を
見抜いたアレックスはシロウトの彼女に作詞をしてもらい、なんとか
期限内にコーラの曲を完成させる。

 共同作業をするうちに惹かれあうアレックスとソフィー。だが、
コーラが二人の曲を大幅にアレンジした事でケンカ別れをしてしまう…


 冒頭から笑わせていただきました80年代のサウンドが流れる
”POP”のプロモーションビデオ。あの髪型、あの腰振りダンス、
あのファッション、なにもかもが懐かしいと同時にイタくてGOOD
 日本でも過去の栄光を忘れられないのか某バンドが復活。
でも変貌具合がイタかった~(暴言スイマセン)


 しかも、次に来るのが日本でいう”あの人は今”のTV番組への
出演依頼。そこでも懐かしいポップスターの名前がずらずら。どれだけ
知っているかで年齢がバレてしまいそうです

 まるでヒュー・グラントの自虐キャラのようなアレックス。なにしろ
昔は英国美青年俳優のヒューさまと呼ばれた男ですからね。彼ほど
ピッタリの配役はないんじゃないでしょうか

 そこへトラブル・メーカーっぽい登場のドリュー・バリモア。「姉が
あなたのファンだったんです(私はよく知らないけど)」と今も若い気で
いるアレックスに歳を感じさせてくれます。
 でもエステ会社社長の姉はドスコイ体型過ぎるのでは…。
あれじゃ説得力ないよなぁ…


 若いくせに失恋のショックから(交際期間2ヶ月!?)ブッダに
心酔してしまうコーラもブリトニーかシャキーラかと思わせる超セクシー・
ダンスを披露。ラストのライブではほぼ半裸なステージ衣装、子供には
目の毒です舞台セットは大仏、ここは奈良ですか?

 トントン拍子で恋愛関係になり、ケンカ別れ、でも最後はくっつく、
よくある物語ですが音楽業界の裏事情が少しわかったり、ヒュー・
グラントの役柄がピッタリはまってた事が思った以上に楽しい映画だった
要因だったのかも。
 特に今まで過去の栄光にしがみついていた彼が何万人もの前でピアノの
弾き語りで愛を告白するなんて女性ならウットリでしょうね

 歌と腰振りダンスが意外にも上手かったヒュー・グラント。無理して
真面目な作品に出演するよりもラブコメディ一本でいいんじゃないの?
 ぜひ、ラブコメでドリューと再共演してもらいたいもんです

  ◆1クリックで↓気分はハッピー◆
       にほんブログ村 映画ブログへ
 

拍手

『知り合って30年、二人で過ごした時間は約1週間。
そんな男女の腐れ縁』

 

監督:マヌエル・ゴメス・ペレイラ

出演:アナ・ベレン(中年以降のディアナ)

    ペネロペ・クルス(若い頃のディアナ)

    ファンホ・プイグコルベ(中年以降のサンティ)

    ガビーノ・ディエゴ(若い頃のサンティ)


あらすじ
 1965年スペインでビートルズの公演が行われていた。彼らが
宿泊するホテルのボーイだったサンティは荷物を部屋に運び込むと
そこにはロングヘアのかわいい女の子ディアナがいた。

 ディアナは熱狂的なジョン・レノンのファン。彼と結婚する事を
真剣に夢見ていた。そんなディアナに一目惚れするも彼女はサンティに
キスの思い出を残し去ってしまう。

 それから数年後、ディアナの運転する車が男をぶつけてしまう。その
相手こそボーイだったサンティ。今は軍人としてパイロットを目指して
頑張っていた。

 が、またもすぐに別れてしまう二人。それからも偶然の出会い、
別れを繰り返しその縁は30年も続くのであった…


 これからこれを観ようと思っている人、特にペネロペファンには
忠告しておきます。DVDジャケット写真やタイトルから想像する
ビートルズの追っかけする女の子のガールズ・ムービー、では
ありません
から。

 出会いのきっかけはビートルズだったディアナとサンティの長きに
渡る腐れ縁の大人の恋愛物語
。ペネロペちゃんも最初に出るだけ
なのでファンには物足りないかもしれません。

 が、これが思わぬ収穫の映画でした

 もちろん60年代のファッションに身を包んだ若き日のペネロペ
ちゃんのキュートな姿は見所。ストレートロングもよく似合います

 そのペネロペ扮するディアナは名声や富に弱いセレブ志向の
強い女の子。だからJ・レノンを追いかけたり、後に結婚する
人も医者、オペラ歌手、銀行家。

 かたやホテルのボーイのサンティはディアナの恋愛対象外。パイロット
を夢見ているけど、なれなきゃただの平凡な男。

 別れてから再会まで数年のブランクがあるからサンティも結婚して
子供もいる幸せな家庭を手に入れる。貧しいながらも楽しい我が家。

 なのに再会すれば前以上に燃え上がる二人。ディアナの嫉妬深い
夫の影にビクビクしながらも密会を重ねる、サンティが夫の部下に
痛い目に合わされて一旦関係解消するまで。

 何度目かの再会で何もかも捨てる覚悟で待ち合わせた空港でディアナは
わかってしまう。

 もし自分を手に入れてしまったら、サンティは自分に興味をなくす
かもしれない
、と。

 追いかける対象だからこそ魅力的な女。その立場が変わってしまえば
男の気持ちも変わってしまうのかもしれない。翻弄しているように見えて
彼女もまた彼の行動に翻弄されていたのでしょう。

 ビートルズ縁の二人はジョン・レノンが殺された後あのホテルのロビー
でピアノの調べを聴きながら涙します。背中合わせの席で気付いたのは
サンティだけ。彼はディアナに声をかけずに静かに立ち去っていきます。

 娘の為に玉の輿を狙うディアナは腐れ縁のサンティを利用しようと
近づく。体の相性がいいだけとは言いながらも心の底にサンティに
対する愛情が垣間見れたから、最後まで嫌な女には見えませんでした。

 ここまで二人の関係が続いたのはマンネリの日常に刺激を与えていた
から。もし継続しての不倫状態だったら、それもまたマンネリとなり
新鮮さは失われていたのかもしれません。

 最後に二人の関係に決着をつけたサンティ。でも、この二人の
腐れ縁はちょっとやそっとでは切れないような気がしますが…。

   ◆1クリックで↓気分はハッピー◆
       にほんブログ村 映画ブログへ 

拍手

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]