忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[486]  [485]  [484]  [483]  [482]  [481]  [480]  [479]  [478]  [477]  [476
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『あの雲は私の恋も家族も奪い去って行った…』

B000OMD1H8みえない雲
グードルン・パウゼヴァング マルコ・クロイツパイントナー
ハピネット 2007-05-25

by G-Tools

監督:グレゴール・シュニッツラー

あらすじ
 ハンナ(パウラ・カレンベルク)は母親と幼い弟ウリーと3人で暮らし
ている普通の女子高生。最近授業中助け船を出してくれた転校生エルマー
フランツ・ディンダ)が少し気になっている。

 テスト中エルマーに呼び出されたハンナは愛を告白され、エルマーと
初めてのキスをする。心が通じ合った時に町中にサイレンが響く。

 原発の事故が起こり町の人たちは警察の警告を無視し、車で逃げ出し
始める。出張中の母親から電話で叔母の家に避難するよう言われた
ハンナもウリーと自転車で駅に向かう。

 ウリーの事故死、駅でのパニック状態の人たち、そしてエルマーとの
別れ。失意のハンナは放射能を帯びた黒い雲から降る雨にうたれてしまう。

 ハンナが意識を取り戻したのは病院の一室。命は助かったものの
放射能の影響で髪が抜け始める。そこへハンナの居場所をつきとめた
エルマーが会いに来るが…


 原作本はチェルノブイリの事故の翌年に発表され、20年後にこの
映画が完成したそうです。日本にはドイツよりも多い原発が起動して
いるので人ごととは思えない気持ちになるでしょう。

 普通の日常に突然襲ってくる非日常の災害。それを普通の女子高生の
視点で描いているのでリアルです。

 だってどうして原発の事故が発生したとか政府の対応はどうなって
いる、なんて一般の人たちはわからないまま被害に巻き込まれたり、
その後の復興が始まったりしますからね。

 最初は明るくどこにでもある甘酸っぱい青春が描かれます。モテモテの
友人に対して平凡な主人公。無口で影のある転校生。男子生徒のバカ騒ぎ。

 転校生エルマーは最初からハンナに好意を持っていたから授業でも
助けてくれた。それを告白されたのがテスト中、トイレに行くと抜け
出した時。ハンナも気になる存在だったエルマーからの告白と突然の
キスを受け入れる。

 が、そこから怒涛の展開。最初は訓練だと思っていたサイレンが
現実のものだとわかった瞬間からパニック映画に変わります。

 母親がいない為幼い弟と足がないから自転車で駅に向かうハンナ。
町は車で逃げ出す人々で大渋滞。弟に心配かけまいと明るく気丈に
振舞うハンナに悲劇が訪れる。

 猛スピードの車にひき逃げされる弟。遠くからやってくる黒い雲
の恐怖。駅に詰め掛ける自分だけは助かりたい気持ちの人々のパニック。
 ハンナの心は弟を亡くしたショックから折れてしまい、生き延びる
事を諦めてしまったかのように駅を後にし、雨にうたれてしまう。

 隔離病棟に入れられたハンナを訪ねてくるエルマー。たった一度
キスをして気持ちを確かめ合っただけなのに、家族を捨てる覚悟で
被爆者扱いとなりハンナのそばに寄り添う事を選択する。

 どんな姿になってもハンナを愛する気持ちは変わらないエルマーに
家族は亡くしてしまっても彼さえいればいいと人生をやり直す為に治療に
専念するハンナ。

 退院したハンナがスキンヘッドを隠さずに登校したり、周りから
被爆者だと好奇の目にさらされたりしても、それを隠そうとせずに
堂々としている彼女の力強さは美しいです。

 愛されると言う事は生きる希望や力を与えてくれる。愛すると言う
事はその人の苦しみをも共有して絶望から救い出してあげられる。

 原発事故という題材を爽やかな青春恋愛映画に味つけした「みえない
雲」。重すぎるテーマでありながらラストには生きている事の素晴らしさを
感じさせてくれる映画でした。

  ◆1クリックで↓気分はハッピー◆
       にほんブログ村 映画ブログへ

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
私もこれ観たのですが、少し訴えが弱い感じがあった気が…。所々は凄く良かったんですけどね。でも、サイモンさんのレビューを読んだら、「そういう感じで観ると中々良いな」と思えました。やっぱり映画は色々な意見で評価が変わりますよね。
弟が死ぬシーン、そうなると分かってはいるんだけど衝撃的だった。そしてラストに葬りに行く所に続いたのは物語上素晴らしかったと思えました。
miyo 2008/09/04(Thu)23:21:44 編集
miyoさんへ
お涙頂戴物って苦手なんで、これくらい前向きで青春っぽい
内容がよかった気がします。
被爆した後の男女の心の強さの差も出てましたね。
女は前向きに生きる為に治療を受ける。反対に男は人生に
悲観して自殺しようとする。
日常の中に起こる災害を普通の人の視点で描いていたのは
とても興味深かったです。
サイモン 2008/09/07(Sun)22:35:27 編集
無題
すっかり忘れてましたが、チェルノブイリについて論文書く為に本読んだ事あったんですよ。それ思い出して観たらまた違った見解が出来たはず…随分昔に読んだので内容忘れてるし、そんな事すら忘れてました。女は立ち直ったら強いんですよ!(笑)
miyo 2008/09/09(Tue)01:09:51 編集
miyoさんへ
すごい、チェルノブイリの論文なんて。
原作は20年前の設定だから映画と内容は違って
いそうですね。
女性は体力では男性に勝てないから精神力は強いのかも
しれませんね。
失恋から立ち直るのも女性は早いですからね
サイモン 2008/09/10(Wed)00:42:03 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]