忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[373]  [372]  [371]  [370]  [369]  [368]  [367]  [366]  [365]  [364]  [363
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  

監督 ジョン・カーペンダー (「遊星からの物体X」)

あらすじ
 中絶専門の病院に勤める医師夫婦は森の中で何者かに追われる
少女を保護し、病院に連れて行く。

 少女はどうやら妊娠しているらしく中絶を望んでいた。
しかし、少女の父親が現れ娘は神の子を宿しているから
自宅に戻るように訴える。

 その間にも少女の腹は徐々に膨らみ、中で異様な動きを
してくる。

「これは悪魔の子供だから早く殺して!」

 父親は息子3人を連れ、警備員を惨殺し、病院へ乗り込んで
くる。それは常軌を逸した行動で院長までもが彼の手にかかり
殺されてしまう。

 少女の腹は臨月状態、早く子供を取り出さないと危ない
状態に。

 はたして少女の宿した子供は神か悪魔か…。


感想
 まるでカーペンダーの「遊星からの物体X」ですね。

 病院へ乗り込んでくる中絶反対派の父親が院長にした
事は相当エグいです。今まで女性たちにしてきたお返し
とばかりに…映像よりも音が…。

 生まれた子供の姿や子供の父親である”物体X”の姿は
そんな怖くないですね。もっと恐ろしいものを期待しました
ので…って普通の人は充分恐ろしいのかも。

 それよりは病院内での惨殺シーンの方がウッってきます。
かな~~りスプラッターはがんばっちゃいましたね、監督。

 もういろんな場所でグチャグチャドロドロですよぉ。
ここまでひっぱっておいてラストが少し残念。だから
なんだったのよ~~って思うかもしれません。

 まぁ、「遊星からの物体X」のようで「ローズマリーの
赤ちゃん」でもあったって事で…それではわかる人には
ネタばれですね。

 ネタばれでもちゃんとこういうのが好きな人には楽しめる
と思いますよ。

 少女の父親は「ヘルボーイ」で特殊メイクしてもしなく
てもそんな変わらなかった??ロン・パールマンっすよ。
 最初近親相姦してあの子供が…なんて思っちゃいました、
ってそりゃないか。

 ロン・パールマン、結構気になる俳優さんなんですよね。
「ロスト・チルドレン」はダークな世界観が好きな者には
大好物映画でした~~

      

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]