忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[377]  [376]  [375]  [374]  [373]  [372]  [371]  [370]  [369]  [368]  [367
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 dororo

監督 塩田明彦 (黄泉がえり)  原作 手塚治虫

出演 妻夫木聡  柴咲コウ  中井貴一  瑛太

    原田芳雄  麻生久美子  原田美枝子

ものがたり
 日本の戦国時代のようなある国の話。
 醍醐景光(中井貴一)は自分の生まれくる子の身体48ヶ所を
魔物たちに捧げる代わりに天下を自分にという契約を交わして
しまう。
 
 それから20年、捨てられたその子百鬼丸(妻夫木聡)は
自分の奪われた身体を魔物から取り戻す旅を続けていた。
 彼の持つ刀を狙うどろろ(柴咲コウ)もいつしか百鬼丸と
共に魔物退治の旅に同行。

 自分の出生を知らない百鬼丸はどろろの親の仇景光が
自分の実の父親であろうとは知る由もなかった。が、
景光の住む城下町にたどり着いた彼らに真実が突きつけ
られるのであった…。


感想
 主役の百鬼丸、赤ちゃんの時に川に流されて捨てられた
所を呪術師のような医者(原田芳雄)に助けられます。

 人間のようで人間でないような姿、それを医者は戦場で
亡くなった子供たちの遺体から謎の液体を作り出し、
身体の部位を型抜きし(クッキー作ってんのかっ)、
エレキテルの力で人間の姿を作り出す…ってまるで和製
フランケンシュタインですね。
 それによって見た目はちゃんとした人のようになり
ましたが。

 最初の百鬼丸の活躍の場、踊り子のいる酒場。ベリー
ダンス風な踊り子に魔物が…”地獄のサンタニコ”でも
出てくると思いましたよ…ありゃ、バンパイアでしたが。
(by「フロム・ダスク・テイル・ドーン」

 子捨て寺であった赤ちゃんの魔物?は「千と千尋の
神隠し」の坊ですよ、まるで。紙風船で遊んだり、
百鬼丸たちを助けたり。プニプニして気持ち良さそう~
顔はちとギョロ目だけど。

 百鬼丸とどろろが魔物を次々に退治していくシーンでは
ギターの音が鳴り響く~なんてやはりロドリゲスを思い
出してしまいましたよ。

 「俺は何に見える、人間か魔物か」

 生まれながらに人とは違う姿をしていた百鬼丸はそれに
よって魔物を倒したのにもかかわらず、村人から恐れられ
村を追い出されてしまう。それは日常にも潜む無意識の
差別のように。

 自分ののどを取り戻した百鬼丸が雨の中、「どろろ~」
と何度も叫ぶシーンは初めて自分の感情を表に出して、
生きている事を実感したような印象的なシーンでした。

 魔物は人間のエゴをむき出しにする人に甘い言葉を
囁く…天下を獲りたければ…息子を生き返らせたければ…。
 自分や身内がよければあとはどうなろうとかまわない、
そんな弱い心に魔物は寄ってくるんでしょうね。

 まぁそんな事よりもワイヤーアクションはかっこいいし、
クールな妻夫木くんにはじけまくりのコウちゃん、いつも
とイメージの違う二人は必見です。

 原作を知らない方が楽しめるかもしれません。なるべく
ハードルを下げて戦国時代風大活劇の「どろろ」をご覧
下さい。

 ただ百鬼丸とどろろの旅は続くと思います。なにせ
あと24ヶ所取り戻さなければいけませんから。

    
     

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんは!
この映画は劇場で観ました!
ぜひとも!・・・と思って。

確かに、言われてみればロドリゲス風かも!
だから面白かったのかな・・?(私)

もうちょっと、ふざけた魔物退治のオンパレードを期待していたので、物足りない感もあったのですが、
お二方の恋人出演、なかなか素敵でした♪
初めて妻夫木くんがかっこよく思えた映画です(笑)

機会があればもう一度見てみたいです。
ちえこ URL 2007/12/17(Mon)00:26:14 編集
ちえこさん、こんばんは
最近映画館行けないのでうらやましいです。
泣く泣くWOWOWで鑑賞しました(>_<)

魔物退治のシーンは確かに物足りなかったですね、日本の
技術ってあんなもんなんでしょうか。
最後の景光変身のシーンもちょっとなぁ…B級ぽく映りました。
それでも百鬼丸がどろろと関わることで肉体だけでなく
感情も人らしさを取り戻すという流れがとてもよかったです。

ちえこさん同様妻夫木くんは一番かっこよかったと思います。
サイモン 2007/12/17(Mon)23:03:54 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]