忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[566]  [565]  [564]  [563]  [562]  [561]  [560]  [559]  [558]  [557]  [556
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『国籍の為に麻薬中毒者と結婚した女。
それは恋人との未来の為だったが…』
 
B002DYGZOQロルナの祈り [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント 2009-08-28

by G-Tools

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ

あらすじ
 アルバニア出身のロルナは恋人ソコルとベルギーで店を
出す夢の為に麻薬中毒者であるクローディと偽装結婚し
ベルギーの国籍を取得する。

 闇のブローカーであるファビオは時期がくればクローディ
を殺し、未亡人となったロルナをロシア人と再婚させようと
計画していた。

 その計画を知ったロルナはクローディに愛情はないものの
殺される前に離婚しようと彼からDVの被害にあったと離婚
の申し出をする。

 殺害計画はそれで中止になったと思っていたロルナに
ある知らせが届く…


国籍取得の為に偽装結婚をするカップルを描いた映画といえば
「グリーンカード」を思い出しますが、あれはコメディタッチの
軽いもので「ロルナの祈り」はもっとシビアでシリアスな物。

ロルナ(エレン・ペイジ似)は恋人の為に闇のブローカーを
通じてクローディと結婚をする。ベルギー国籍が欲しい為だけに。

クローディは麻薬常習者。結婚は多分お金の為だった。
けれどロルナと暮らすにつれ、彼女に依存するように
なる。

『薬をやめる為に何か目標が欲しい』

そう告げたクローディは苦しみながらも売人を追い返し
ロルナとの生活の為に薬を絶つ。

彼の目標は”ロルナ”。彼女の顔を見たい。彼女とちゃんと
暮らしたい。それは偽装結婚だったとしても。

闇のブローカー、ファビオもまたロルナに依存している。
クローディと結婚させ、代わりにロシア人との再婚話を
進める。他の女でもいいはずなのに一度同じ目的を持った
相手ロルナでなければ信用できない。

ロルナの恋人ソコルはベルギー国籍取得の為に偽装結婚を
了承する。それは二人の店をベルギーで開く為。しかし
彼もまたロルナに依存。金と国籍の為にロルナは自分に
とって必要な存在。

男たちはみんなロルナに依存している。

しかし、ロルナはある悲劇の後決意する。それは彼女の
妄想で現実ではなかったとしても彼女の生き続ける為
生き残る為の糧となる。

女は強い。自分ひとりではないと、わかった時から
生存本能が二倍になるのかもしれない。


ラストはヨーロッパ映画らしく、『後はそちらで想像して
みて下さい』な終わり方。アメリカ映画ばかり観ていると
中途半端で「えっ!これで終わり?」となるかもしれない。

でも、信じたいのはロルナはこれからも生き続けるって
事。金の為の愛情をちらつかせた男たちを捨てて、強く
どんな事をしても行き続けていくのだろう。

一つ不安なのは本当は一人だってわかった時にロルナは
それを受け止めて一人で立って歩いていけるだろうか。

女は強い。だから、きっと生きていく。

     ◆1クリックで↓気分はハッピー◆
       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

 
グリーン・カード [DVD]
グリーン・カード [DVD]
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2004-05-21
売り上げランキング : 22737

おすすめ平均 star
star好きな映画のベスト5に入ります。
star長髪でむさくるしいフランス人のオッサンが実は!?
starあこがれのライフスタイル

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
またまたコメントを残しに来ました。他にもドンドンコメントを書きに来ますのでよろしくお願いします。国籍売買のストーリーでしたね。あんまり日本では馴染みがない内容でしたが、ヨーロッパはこのような問題があるのだと思いました。
 ちなみに僕はこの兄弟監督の作品は好きです。他に『息子のまなざし』がお勧めです。この監督は社会の底辺層に対する想いが感じられて気に入っています。
忍者マン 2011/09/30(Fri)19:32:22 編集
忍者マンさんへ
ありがとうございます。ますますやる気が出てきました。

ヨーロッパはそれだけ自分の国籍を捨てて他の国籍を
手に入れなければ貧困から脱出できないのでしょうか。
全てお金の為と割り切っても”戸籍を汚す”事に対して
負い目を感じる日本では考えられない状況ですね。
ヨーロッパといえば人身売買の映画もありますね。暗く重い
裏社会がどこの国にも存在するって事ですね。

「息子のまなざし」、少年犯罪の加害者と被害者家族の
話ですよね。未見なので観たいと思います。
サイモン 2011/10/03(Mon)18:46:09 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]