忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[564]  [563]  [562]  [561]  [560]  [559]  [558]  [557]  [556]  [555]  [554
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『僕の眠りは君の気持ちと反対の行動を引き起こしてしまう…』
B002AOWWSW悲夢 [DVD]
Happinet(SB)(D) 2009-08-28

by G-Tools

監督:キム・ギドク(悪い男うつせみブレス絶対の愛

あらすじ
 別れた恋人を今でも思い続ける男ジン(オダギリジョー)。
ある夜あまりにリアルな交通事故の夢を見て、現場に行って
みると実際に事故がおきていた。

 しかし当事者はラン(イ・ナヨン)という女性で自分は
事故をおこした記憶が無いと言う。

 ジンが夢を見ているとランは夢遊病者のようにジンの夢の
通りに行動してしまうのだ。それはランにとって二度と会い
たくない元恋人に会い、時には体の関係を結んでしまうもの
でもあった…


新作を楽しみにしている監督のひとりキム・ギドク監督。
一筋縄ではいかない恋愛映画、今回は主役にオダギリジョー。

これは賛否あるだろう日本語と韓国語の入り乱れ。どちらも
ちゃんと言葉を理解しているなんておかしい!と言っちゃあ
おしまい。受け入れなさい。この映画を観たいのなら。

オダジョー扮するジンは元カノに未練タラタラ。忘れようと
もがけばもがくほど想いは増幅していく。

逆にランは元カレの顔を見るのもイヤ。もう記憶から消して
しまいたいほどの嫌悪感を持っている。

その恋人と別れたという共通点しかない二人が夢を通して
つながってしまう悲劇。これがランも元カレに未練を持って
いたのなら苦しくもなかったはず。

ジンは夢で元カノに会いにいく。しかし彼女には恋人がいて
裏切られた思いのジンは彼女を殴ってしまう。

ジンは夢で元カノの部屋へ行き、彼を受け入れてくれた彼女と
ベッドで熱い夜をすごしてしまう。


これはジンの未練が見させた夢。

これを現実で行動してしまうのがラン。嫌悪感、憎しみ、怒り。
元カレに対してそんな感情だらけのランがまるで元カレに未練が
あるかのように夜な夜な会いに行ってしまう。夜を過ごしてしまう。


二人がその事実を受け入れ、ランの悲しさをこれ以上積もらせ
ないようにジンは眠りにつかないようにする。

ウトウトしそうになったら肉体に痛みを与える。まぶたをテープ
で固定し目を閉じないようにする。

その姿はもはやホラー。テープの顔はTVから出てドアップに
なった貞子風。

ジンもランも夢の一件で関わるようになり恋愛感情がうっすら
芽生えてくる。だから余計に夢や現実で相手を傷つけたくない。
それが狂気ともいえる行動へと発展してしまう。

当初精神科医が「二人が愛し合えば問題は解決」と言っていた
通り愛し始めても、愛の喜びよりも苦しさばかり募っていく。
そしてある事件が起こりランは投獄されてしまう。

「彼女の行動は僕の夢のせい」そんな事が警察に通用するわけも
なく、ただただジンは自分を責め、ランは精神を病んでしまう。

それもまた夢…だったのか?

夢に翻弄された男女の狂気とも取れる愛の姿を描いたキム・
ギドク監督作。今回も個性的に誰も考え付かないような話
を満喫させてもらえました。

     ◆1クリックで↓気分はハッピー◆
       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]