忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[603]  [602]  [601]  [600]  [599]  [598]  [597]  [596]  [595]  [594]  [593
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この二作は前作から一年後の話です。2と3は続いているので
一緒に紹介したいと思います。

「ミレニアム2 火と戯れる女」
【送料無料】ミレニアム2 火と戯れる女

【送料無料】ミレニアム2 火と戯れる女
価格:3,192円(税込、送料別)



失踪事件解決から一年後。巨額の金を手にし、世界を飛び回っていた
リスベット。ストックホルムに戻り高級マンションに身を隠していた。

一方雑誌ミレニアムの新人記者が殺される。彼は売春組織を追って
いた。そして、リスベットの後見人の弁護士殺害。凶器のピストル
にはリスベットの指紋があり、彼女が容疑者として浮上する。

離れた場所からリスベットの無実を信じ、真相を探るミカエル。そこで
売春組織の黒幕ザラという人物の名前があがる。


今回はリスベットとミカエルは最後まで接近しません。

前作でリスベットは父親に火をつけた事件を起こしていたとわかった。
時折病院のベッドに縛り付けられる夢にうなされていたのは父親への
傷害で精神病院に病院に入院させられていた。しかも医師によって
”無能力者”の烙印を押されていた子供の頃の過去が明らかになる。

リスベットの極度な男性や人間不信。理不尽な暴力には過激すぎる
ほどの復讐。それらの理由が明らかになるにつれて痛々しさも増して
くる。

ハッカーとしてPCを駆使する場面よりもアクティブに真相解明に
奔走するリスベット。パンクなファッションは身を潜め、パーカーに
ジーンズ姿はまるで小柄な少年。だって、150cmに40kgだものね。

殺人事件は金髪の男、ニーダーマンが関与している。彼はボクサー
さえも倒すほどの武闘派。殴っても表情を変えない彼にある秘密
があって…。

売春組織を探るミカエルはロシアからの亡命者ザラの存在を突き止める。
ザラとリスベットの関係に加えて、ニーダーマンも繋がっていたとは。

ラストでのリスベットとザラ、ニーダーマンの対決は血みどろになって
まるでホラー映画のよう。瀕死の重傷を負いながらも顔中血だらけに
なって斧をふりかざすリスベット。…「ハイテンション」が頭を
よぎりました。

そして、やっとリスベットとミカエルが再会。でも…

「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」


瀕死の重傷を負ったリスベットとザラは一命をとりとめ病院に運ばれる。
リスベットはザラ傷害容疑で退院のち収監。ザラの罪は全てニーダーマン
に負わせる事で被害者となった。

ミレニアムではザラの罪や彼が関与した巨大組織を暴く事がリスベットの
無罪にもつながるとミカエル以下奔走していた。

巨大組織の関係者は発覚を恐れ、事実を知る者を抹殺し始める…


三部作の完結編。前回アクティブだったリスベットは一転病院の
ベッドの中で身動きがとれない状態になっています。

そこで今回飛び回るのはミカエル。

リスベットの集めた証拠、彼女の無実を勝ち取ろうとする仲間たち。
触れてはいけない国家が関与していた秘密組織に立ち向かって
いきます。

無愛想で攻撃的で人とのつながりを拒否するリスベット。それでも
わかってくれる人たちはいるわけで、その人たちが自分たちの持つ
スキルを駆使して彼女を助けようとする。

人と人との関わって、わかりあってのふれあい。

片や秘密組織の人たちは犯罪に手を染め、お互いに弱みという名の
見せ掛けの信頼関係。発覚を恐れれば、誰だって切り捨てる。過去
が発覚するよりは自らが犠牲になっても守りたい秘密。

後半はリスベットの裁判。

精神病院の医師と対峙し、彼の不正や彼の罪を暴いていきます。
このリスベットの姿がモヒカン、ゴスメイク、顔中ピアスの
戦闘体制。弱い部分を見せずに強さをアピールする姿は心の
隙を与えない、これは裁判という名の彼女の過去との闘い
なのだから。

裁判シーンと組織摘発シーンが交互に映るシーンではリスベット
もミカエルを始め協力者たちも一つの目的に向かっての闘い
なんだと見えました。

裁判を終えてめでたしめでたし…と思ったら、忘れていたよ
ニーダーマン!!最後のリスベットの闘いがまだ残って
いたのでした…。(本当に彼の存在忘れるぐらいの見ごたえ
ある裁判シーンでしたよ)

<シリーズのまとめ>
1作目が150分、2作目が130分、3作目が148分と
どれも長いです。加えて2,3は繋がっているので一気に
観たくなります。でも、時間をみると覚悟がいります。

小説も前後編だから映像化してもこれくらいになってしまう
のかもしれないですね。しかし、これ本国でも一年のうちに
3本公開されたんでしょうか。

スウェーデン映画は最近注目されています。

「ミレニアム」シリーズに加えて「ぼくのエリ 200歳の少女」。
今後もスウェーデンは注目ですね。

一応ミレニアム三部作と言われているから今後どうなるのか
わかりませんが、リスベットとミカエルのコンビで1作目の
ような推理劇中心な新作が出来ないかと思っています。

個人的意見ですが1作目が一番好きでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
私も1作目が好きかな。2.3と続けて観たのがいけなかったのか、疲れてしまったし(^^;)そういやコレ、ハリウッドリメイクされてますよね。
miyo URL 2011/11/24(Thu)19:59:51 編集
miyoさんへ
私もこれWOWOWでの三夜連続放送で続けて
観ました。もうその三日間は寝不足。
やはり一作目がわかりやすいし、二人が
コンビで行動するから派手なんですよね。

1の感想の所にリメイク版予告UPして
あります。昨日も映画館でこの予告観て
その映像のよさに鳥肌立ちました。毎回
鳥肌立ってます(^_^;)
サイモン 2011/12/08(Thu)18:24:49 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]