忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[599]  [598]  [597]  [596]  [595]  [594]  [593]  [592]  [591]  [590]  [589
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『私が”職業=AV女優”になった理由』
【送料無料】nude

【送料無料】nude
価格:3,591円(税込、送料別)


原作:みひろ

あらすじ
 地元新潟の高校を卒業し上京したひろみ(渡辺奈緒子)。空港で働く
彼女には芸能人になりたいという夢があった。

 ある日渋谷で榎本(光石研)という男にスカウトされる。希望に
胸をふくらませ話を聞くと彼は多くのAV女優を抱える事務所の
人間だった。まずはヌードグラビアからという話に「AVは絶対
やらない」事を条件に承諾する。

 新潟時代の親友や彼氏に雑誌を見られ非難されるが、ひろみは
グラビアの仕事が好きになっていた…



「nude」は長年トップAV女優として活躍してきたみひろの自伝的
小説を映画化
したもの。高校を卒業して、グラビアを経てAV女優
として活躍するまでを描いています。

みひろはゴッドタンの「キス我慢選手権」で知りました。20代
なのに制服の似合う可愛らしさ。その上無茶なアドリブにも応え
られる意外な演技力。

その彼女がAV業界だけでなく、TVのバラエティ、映画、ドラマ
に活躍する過程にはこんな物語があったんですね。

冒頭はAVの撮影現場から始まります。ベッドの周りを囲む多くの
スタッフたち。隅で撮影に使う小道具を用意する人。男優さんの
筋トレ。

「男優さんはみんなやさしくしてくれる」そう思うひろみ。
主役はあくまでも女優。

監督は言う。「顔はカメラに向けて。みんな君の顔を見たがっているから」

このAVのメイキングのような撮影風景を見てしまうと男性は
ガッカリするかもしれません。逆にAVに偏見を持つ女性の中には
『これはあくまで仕事なんだ』と見方が変わるかもしれません。

私自身AVは見た事があるし、友達とも普通にその話題になったり
します。ただ、何故キレイでカワイイ人たちがAVの世界に飛び込む
のかその過程には興味がありました。

借金の為?Hが本当に好きだから?そんな理由ばかりが頭をよぎる
中、この主人公ひろみは漠然とした「芸能人になりたい」という夢
からグラビアやVシネマの仕事をするうちに「女優になりたい」と
自分の夢を具体化させていきます。

マネージャー榎本はグラビアで有名になったひろみをVシネマに
ステップアップさせます。顔を売る事がこの世界では大切。ただ
キレイやカワイイ人なら捨てるほどいる世界の中で自分の存在を
知らしめる方法。それがひろみにとってはヌードだったり、V
シネでの濡れ場。コンテストで優勝、雑誌のモデルを経て芸能界
デビューする人と方法は違えど目的は同じ。

Vシネの先にAVデビューがあったのもある人物に「Vシネで
濡れ場はやるのにAVはやらない。君は中途半端だ」ときつい
洗礼を受けた事がきっかけ。

ひろみの中では本番と擬似の間には大きな違いがあった。多分
彼女にもAVに対する偏見があったに違いない。それでも、
やっと名前が知れ渡ってきたのにこのまま中途半端なポジション
では何も変わらないと悟りAVを決意する。

グラビアやAVでの昔とは変わってしまったひろみだけを見て
軽蔑した親友や恋人は去っていった。彼らは”堕ちたからAV
にまで出演するようになった”と思ったのだろう。

しかし、AV出演はもっと大きなひろみの目標、夢、希望
への通過点。苦しみ、悩みながらも、この道筋を選んだ
ひろみの覚悟の表れ。

中には無理やりAV業界に入ってしまった人も少なくはないと
思う。だから、業界を知る人には綺麗事の物語なのかもしれない。
でも、そこにはみひろのステップアップする努力とやはり事務所
に恵まれていた運もあったのでしょう。

と、AV業界を描いた映画なのでHなシーンも期待する人は
多いでしょうけれど、あくまでひろみの物語が中心なので
エロ目的ならば観ない方が賢明です。

ちなみに上に書いたみひろが出演した「キス我慢選手権」は短編
ドラマのような展開とアドリブ合戦が見ごたえあります。
【送料無料】ゴッドタン~キス我慢選手権~

【送料無料】ゴッドタン~キス我慢選手権~
価格:3,591円(税込、送料別)



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
気になりつついつも手に取っては置いてます(^^;)観ようかな。や、でえも今度で良いかっと。
みひろさんは観た事あるのか無いのかちょっと分からないんだけど、演技力とかは業界内で定評あるみたいですね。私はAV女優に偏見が無いのでそれがステップアップの為なら良いと思うなぁ。ただ、惰性でそのままアップを止めては駄目だよって友達だったら応援してあげたいけどね。Hが好きでAVやってる人なんて皆無なんだよね。やっぱりそう思わないから汚い物でも見るようにAV女優を見下すのかしら?芸能人やアイドルがAVやってもそれが本人にとって転機になれば良いじゃんね。
miyo URL 2011/09/15(Thu)19:41:54 編集
miyoさんへ
先日ちらっとマンガの方を立ち読みしたら、この映画は
結構キレイに描かれているんだと思いました。
女性にも手を出しやすいような描き方。
原作はもっとドロドロしていたようです。

AV女優主演のエロVシネとかたまに見ますが演技力が
ない人がほとんどです。カワイイだけで脱いでくれる
からのキャスティング。
それに比べるとみひろは上手いです。邦画でも脱ぎ要因でなく
出演しているのはそれが評価されているのだからだと
思います。

そうですね、女性は好きでHを仕事にしていると思う
人が多いのでしょうね。そこから、どう展開していくのが大事。
芸能人やアイドルがAV出ると堕ちたってイメージなのは
きっと売れなくなっても芸能界にしがみつきたい気持ちが
不快なんでしょうね。
サイモン 2011/09/18(Sun)01:30:04 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]