忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[379]  [378]  [377]  [376]  [375]  [374]  [373]  [372]  [371]  [370]  [369
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

*カテゴリーにアニメ追加しました*

実はアニメ好きなんですよ~なにしろガンオタですから(^_^;)
(ただしファーストのみ)
ただ萌え系はちょっと…。最近興味あるのはフジテレビの
「ノイタミナ」枠のもの。

「怪~ayakashi~」は3本の古典ホラー作品。
聞いた事があるはずの怪談も本当はこういう話だったんだ
と改めて知りました。

 「四谷怪談」 
伊右衛門とお岩は互いに惹かれ合っていたのに
お岩の父親は二人の仲を認めようとはしなかった。
そこで伊右衛門は父親を斬り、お岩と夫婦になった。

しかし、伊藤家の孫娘お梅が伊右衛門を手に入れたい
と思った事からお岩は毒を盛られて醜い姿に。

自分を裏切った伊右衛門を呪い死んだお岩。その
呪いは自分の死に関わった者たちを次々に死におい
やるのだった…


不幸なお岩と悪い伊右衛門、としか記憶になかった話が
こんなにも他の人が関わっていてそれによって夫婦仲の
よかった二人が祟り祟られる事になる怖いというよりも
悲劇的な話でした。

「天守物語」 
人を食うという忘れ神が住む”白鷺城”。ある日鷹匠の
図書乃助は鷹の小次郎を探しに森へ入る。そこで美しい
女性富姫と出会い、互いに惹かれあう。

が、その富姫こそが”白鷺城”の忘れ神。図書乃助は富姫
を連れて町で暮らそうとするが邪魔が入ってしまう。

二人が恋を成就させようとしている間に図書乃助が仕える
播磨守は忘れ神たちを根絶させようと”白鷺城”に兵を
送るのであった…


これはとても悲しいラブストーリーでした。忘れ神たち
(女性)はお互いをかばいながら人間に殺されていく。
どちらが魔物なのかわからないほど残酷に。

「化け猫」 
江戸時代、ある武家屋敷で婚礼の最中に花嫁が怪死する。
そこに怪しげな薬売りがやってきて「これは物の怪の
仕業」と言う。

屋敷では物の怪の仕業らしき奇怪な現象が起こり始める。
それが化け猫の仕業だと知った薬売りは屋敷の人たちに
問う「真の話をお聞かせ下さい」と。

そして過去の因縁から化け猫の正体がわかってくる。
それはある人物の欲望が一人の女性に向けられた事から
始まっていた…

これは一番おすすめです。背景や人物の色合いが今まで
見た事がなく、まるで和紙のような美しさがあります。

特に主人公である薬売りはこのアニメの掲示板でも人気
で、彼が主人公の続編も作られました。これはまた
別の機会に。

「化け猫」のOP動画です↓雰囲気だけでもどうぞ
(画面の文字はCOMMENTをクリックすれば消えます)

  

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]