忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[380]  [379]  [378]  [377]  [376]  [375]  [374]  [373]  [372]  [371]  [370
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
監督 ハル・メイソンバーグ

製作 クライヴ・バーカー

出演 ジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク (トム)

    イワナ・ミルセヴィッチ (ジーン)

    ブラッド・ハント (サム)

    ジョシュア・クローズ (キップ)

『ゾンビ印に異議あり!!』
物語
 ある日突然8歳以下の子供たちが一斉に昏睡状態になって
しまった。しかも新生児も昏睡状態で生まれてくることに。
 原因がわからないまま大人たちは子供を産むのをやめ、
法律さえも出産禁止となるほどに…。

 それから10年、それも突然の事だった。子供たちが一斉に
目覚めたのだ。しかし、彼らは次々に大人たちを殺していく…。


感想
 ホラー的効果音で冒頭からドキッとしました。なんだか昔の
ホラー映画みたい…でも2006年製作なんですよね。
 朝トムが息子を起こしにいく。が、息子は口から泡を出し
昏睡状態になった!!ジャジャ~~ン
あ~ビックリしたぁ
 そして10年後のテロップ…ジャジャ~~ン
ってここで脅かしかっ

 目覚めた子供たちが大人たちを血祭りにあげていく。大人
たちはお約束通り病院の一室に隠れる。
誰か待つより車で逃げた方がいいんじゃない?
 案の定そこで病院関係者多数が犠牲に…。

 主人公たちはどうにか逃げて教会に隠れる。車が壊された
為ガレージにある車を取りに行く。お約束通り教会に残って
いた2人が犠牲に…。

 …えっ彼が主人公じゃなかったの??と頭が疑問符で
渦巻く中、子供たちが銃を手にしていたのでこっちも武器を
持たないとと今来た道を引き返し警察署へ。
いや~~みすみす敵の懐に飛び込まなくても…

 ラストはとても宗教的でよく意味がわかりませんでした。
まぁ言える事は”世界は一大ゾンビ王国”になるらしいです。

 ………ちょっと待って!子供たちってゾンビ
じゃないじゃん!!

邦題にだまされたぁ~~ゾンビ、ゾンビと思って見終わった
けど、そもそもゾンビってなんぞや??

 イメージするゾンビは、死人が甦る、人を襲うもしくは人を
喰らう、襲われた人もゾンビになる。

 この映画ゾンビだと思って観るのと目覚めた子供たちと思って
観るのではとり方が全然違いますよ。そういえばゾンビらしからぬ
シーンばかりでした。

 ゾンビに取り囲まれて殺される大人。えっ食べないんすか?
 同じく殺される神父。えっ、引き裂かれないんすか?
 車を壊したり、銃を扱ったりするゾンビ。学習能力あるんすか?
しかも普通に走ってるし、顔色よいゾンビもいるじゃん

 そしてなによりもゾンビさん血を流して死んでるんですけど。

 そっか、ゾンビじゃなかったんだ、って終わってしばらく
して気がつきましたよ。だったら一大ゾンビ王国じゃなくて
学習できるなら子供も作れるじゃん。よかった、よかった。

 大人はいなくとも子は育つ、そんな映画でした…それは
違いますが、ホラーというよりはサスペンス映画の方が正しい
かもしれません。近い映画は「光る眼」かな?
 
 ただ最後まで観ても子供たちが突然大人たちを殺しまくる
訳は明らかにならないので消化不良になるかもしれません。
 不気味な中にも突っ込み所満載で楽しかったですよ、
個人的には。
 
 ラストシーンの意味がわかる人はご一報を!

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]