忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[482]  [481]  [480]  [479]  [478]  [477]  [476]  [475]  [474]  [473]  [472
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『僕がやりたかったのはこんなバンドじゃないんだぁ』
det
監督:李闘士男  原作:若杉公徳

あらすじ
 九州からオシャレなポップスシンガーを目指して上京した根岸崇一
松山ケンイチ)。が、彼の夢とは裏腹に今やっているのはデスメタル
バンドの”デトロイト・メタル・シティ”。

 今日もイヤイヤながらも崇一はDMCのライブでヨハネ・クラウザー
Ⅱ世として過激パフォーマンスをするのであった。

 ある日大学時代の憧れの相川さん(加藤ローサ)と再会した彼は
自分のやりたい音楽を再認識し、デスレコードの社長(松雪泰子)に
クラウザーをやめたいと告げるが逆に部屋をメタル一色に変えられて
しまう。

 DMCに対抗するラッパーやパンクバンドを次々に倒していくクラウザーは
インディーズ界のカリスマとして人気上昇。それを知ったデスメタルの
帝王ジャック・イル・ダーク(ジーン・シモンズ)から挑戦状を叩き
つけられる…


 日本でもこんな面白いコメディ映画できるんだね!!

 ナヨナヨな根岸くんと魔界から降臨したクラウザーさんのまるで一人
二役のようなキャラを演じていたのが松山ケンイチ。原作のあるキャラ
をやらせたら日本一ですなぁ、Lといい今回のといい。

 クネクネしてギター弾きながら歌ったり、内股走りやシャツの
すそをギュッと握ったりと原作以上にキモさのある根岸くん。

 白塗りの悪魔メイクでグァ~~とシャウトし、F○CKやレ○プの
過激な歌詞のメタルを歌うクラウザーさん。猛牛までもベェベェと
調教してしまうのですよ

 そのクラウザーさんの失敗もポジティブシンキングでまるで武勇伝の
ように受け取ってしまうファンの人たち。例えば鎖が首にからまり首
つり状態のかっこ悪いクラウザーさんに対して、

「ク、クラウザーさんが死んでいる…」
「いや、違う。あれはクラウザーさんの究極の自虐プレイだ」


 ファンの人たちって有難いですね。彼らの盛り上げがあっての
大笑いの場面も多いです。
(ファン役の大倉さんと岡田くんって存在自体が面白いです)

 おっとりした相川さんの加藤ローサやデスレコード社長の松雪泰子も
ピッタリな配役です。特にSッ気満載でタバコを舌でジュッと消す松雪
さんのハイテンションには驚きです。
(友人は松雪さんの高笑いに白鳥麗子を思い出したそうです)

 音楽がテーマの映画だからそれもスゴイ事になっていました。根岸
くんの曲はカジヒデキが作ったり、着メロはフリッパーズ・ギターの
「恋とマシンガン」
、カフェではカヒミ・カリィが流れていたりと
シブヤ系大好きだった自分としては懐かしさとうれしさでいっぱいに
なりました

 もちろんDMCの「SATSUGAI」「恨みはらさでおくべきか」なんて
めちゃめちゃかっこいい~~。思わず”殺せ殺せ~~SATSUGAI
SATSUGAIせよ♪
”と口ずさみそうになりましたから。
(公共の場でその歌詞はヤバすぎますよね)

 そして大物ゲストとしてKISSのジーン・シモンズがジャック・
イル・ダーク役とはハードロックファンも大満足でしょう。
 ジャックVSクラウザーさんのF○CK連呼バトルはこの映画最大の
見所です。

 他にもクラウザーさんと佐治くんとのトイレでの「ナイス、タンバ
リン」やトラクターに乗るクラウザーさん、そしてヒーローショーで
悪役よりも子供たちを怖がらせてしまうクラウザーさんとやること
なすこと笑わせてくれるクラウザーさん。

 やっぱりクラウザーさんって最高っすよ!!

 最初から最後(エンドロール後)まで笑いっぱなしの「デトロイト・
メタル・シティ」。原作よりもソフトな内容で、そして感動的にも
仕上がっていました。

 『NO MUSIC NO DREAM』

 どんな音楽でも誰かに夢を与えられる。そんなテーマも含まれて
いる過激な笑いもある青春映画でした。

 GO TO DMC! GO TO DMC!!

  ◆1クリックで↓気分はハッピー◆
       にほんブログ村 映画ブログへ
   <音楽界ではDMC旋風吹き荒れてますっ>
       

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
観て来ましたかぁ(^^)
もっっっの凄くソックリですよね!(笑)ここまでソックリだと原作ファンも納得するはず。ジーン・シモンズに出演依頼しちゃって実現しちゃう所がこの映画の凄さなんだろうな(ー▽ー)
miyo URL 2008/08/27(Wed)18:44:05 編集
miyoさんへ
一人で行こうと思ったら興味ある人がいて早速
観て来ました。
ホント似てますよね。クラウザーさんのシャウトと
根岸くんのおネエっぽいしゃべりの二つを演じられる
松ケンってやっぱりスゴイです!!
ジーン・シモンズとの対決シーンは迫力満点でした!!
サイモン 2008/08/28(Thu)01:34:50 編集
観たいゾ!
久しぶりに観たい映画!って直感が働いたので
わが町の映画館で、と思ったら・・・
ガビ~ン!やってないではないか!
ショック!
この前の豪雨(土曜日)の中、さすがに遠出する
気力が無かった。
う~む、気合で出かけるべきだったか?
ROCK-AVENUE URL 2008/09/02(Tue)02:01:31 編集
ROCK-AVENUEさんへ
コメディ好きなら是非観て下さい。
日本映画でこんなに爆笑したのは「舞妓Haaaan!!!」
以来です。
それに映画館でみんなと一緒に笑うって楽しいですね。
そしてロックファンの方はこの映画をどう観るのか、
それもとても興味があります。
ジーン・シモンズがお好きなら観る価値はあると
思いますよ。存在自体が迫力ありましたから。
サイモン 2008/09/02(Tue)02:55:26 編集
無題
コチラにコメするつもりが
一つ↓行ってきたsammyです、お久しぶりです。
この映画のおかげなんでしょうか?最近よくKISSを見かけるのは・・・?

松ケンさんは、DMCの歌を吹き込むだけの作業にも
クラウザーさんの格好して歌入れしたそうですね。
役者魂とでもいいましょうか、
プロ意識高いナァと思いました☆

私は厳しい親ではないので
自分では観たいって思えました~(あ、意味不明でスミマセン)
恋とマシンガン、大好きです♪
sammy URL 2008/09/04(Thu)00:24:55 編集
sammyさんへ
こちらではお久しぶりです。
KISSはアルバム出すらしいですよ、この映画がきっかけか
どうかは不明ですが。
松ケンはワイドショーでもクラウザーさん的コメントをして
楽しませていました。
根岸くんが路上ライブしているのは本当に松ケンが歌って
いると知りビックリ。エンドロールはちゃんとカジヒデキ
バージョンでした。

子供さんのいない所でこっそりと観て爆笑しちゃって
下さい。真似するとヤバイ事になるので。
”恋とマシンガン”は昔の携帯の着メロでした…って根岸くんと
一緒じゃん!!
サイモン 2008/09/04(Thu)01:19:33 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]