忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[506]  [505]  [504]  [503]  [502]  [501]  [500]  [499]  [17]  [498]  [497
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『彼が地上に降りる日はいつも雨。彼の名は死神』
B001BBY5A8Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション
金城武, 小西真奈美, 富司純子, 光石研, 筧昌也
VAP,INC(VAP)(D) 2008-08-27

by G-Tools

監督:筧昌也    原作:伊坂幸太郎

あらすじ
 死ぬ予定にある人を”実行”(死ぬ)か”見送り”(生き延びる)かを
地上に降りた7日間で選択するのが死神の仕事。

 対象者である27歳のOL藤木一恵(小西真奈美)は電器メーカーの
苦情処理係をしている。そして毎日のように彼女を指名してくるクレー
マーに悩まされている。

 死神(金城武)は千葉と名乗り一恵に近づく。何の楽しみもないような
地味な生活を続ける彼女には愛する人を何度も亡くすという過去があった。

 いつものように”実行”を選択しようとした死神だったが、ある出来事が
彼の気持ちを変えてしまう。死神の選択した結果がこの先の仕事とある
人の運命をも巻き込んでしまうのだった…


 これ久々にめちゃめちゃ泣けました
号泣してテッシュが山盛りになりました~~


 原作は以前にもここで紹介した「アヒルと鴨のコインロッカー」
伊坂幸太郎さんです。今回も人の生と死について考えさせられました。

 物語のプロローグでもある幼い女の子の案件。死神はいつものように
”実行”を選択。小さいのに死ぬのはかわいそうなんて感情は死神には
ありません。
 だって人間らしい感情をもっていたらきっと”見送り”ばかり選択して
しまいそうですからね。

 そんな死神に金城武。ミュージックを愛し、時代の流れの速さについて
いけずどこか天然な事ばかり言ってしまう死神がピッタリ。時代によって
ファッションも変わります。

 あっ、死神って言ってもオカルトチックなのじゃなくて、ボケ役の
ような面白いキャラクターです。選択は冷静でもクールってほどじゃ
ないしね。

 ミュージック好きな死神なので時代のアイテムとして、過去には
今は見かけないシングルCD(懐かしい~~)、現代はi-Pod。

 過去の場面でミュージックシーンはプロデューサーの力がヒットを生み
出すってセリフから最近ニュースで話題のアノ人を思い出しました。
(実はあのグループ大好きだったんですよね。ライブも行ったし。だから
あの事件は悲しかった)


 その過去の案件である藤木一恵には小西真奈美
(コニタンって透明感があって小動物のような顔で好み
 彼女の声もサラサラとしたクセのない癒し系でいいですよね。初めての
歌声もとってもよいです
 物語のキーワードもそんな彼女の声でした。

 この一恵に対しての選択の結果がこの後の現代、未来の物語にリンク
していきます。

 特に未来の老婦人の話は悲しくもあり、最後に死神が初めて見る事が
出来た青空のように清々しくもありました。
(老婦人役の富司さんは登場人物の中で一番よかったです)

 愛する人の為に愛する事を諦めてしまった老婦人。彼女のそばには
「おばあちゃん」と呼び慕ってくれる若い女の子。ただしそれは人間と
見間違うほど精巧に作られたお手伝いロボット。

 彼女の辛い過去から今までを想像すると「ここまで生き延びて
よかったのかしら」と明るく死神に告げる彼女の姿には号泣。

 青空を見上げるシーンからエンドロールが終わるまでテッシュを何枚
使った事か。ポロッと泣く事はあったけど嗚咽しながらは最近なかった
なぁ。

 3つの時代と案件がどのようにつながっていくのかを楽しんで、
観終わった後には生とは?死とは?と考えてみたくなるかもしれません。
 
 最後にこれは私の個人的な意見ですが、最近の金城武は素敵です
やはり男性は30代からがよいですなぁ

 彼の新作「K-20」も観たくなったぞ乱歩好きだしね。

  ◆1クリックで↓気分はハッピー◆
       にほんブログ村 映画ブログへ

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]