忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[505]  [504]  [503]  [502]  [501]  [500]  [499]  [17]  [498]  [497]  [496
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『二人の天才の対決。それはある殺人事件から
始まった』

gari
監督:西谷弘   原作:東野圭吾

あらすじ
 貝塚北署の内海刑事(柴咲コウ)は今日もまた事件解決のヒントを
得る為ガリレオこと物理学者湯川(福山雅治)の大規模な実験に付き
合っていた。

 一方母と娘の二人暮らしを慎ましくも楽しく過ごしていた花岡靖子
松雪泰子)の自宅を元夫がかぎつけ復縁を無理やり迫り、暴力を
ふるいだす。靖子と娘は自分たちを守る為にコードで元夫を絞め殺して
しまう。

 そして空地で顔をつぶされ指紋を焼かれた身元不明の死体が発見
される。ほどなくそれは靖子の元夫だと判明。容疑者として靖子が
疑われるがアリバイは完璧なものだった。

 捜査に行き詰った内海は湯川にアドバイスを求めるが興味を示さない。
が、ある名前を聞いた時湯川は「彼は僕の知る中で本当の天才だ」と
内海に告げる。

 それは靖子の隣人である高校教師の石神(堤真一)だった…


 ドラマ「ガリレオ」も見ていましたが、同じキャストが演じるこの
映画はドラマでの軽快さよりも重厚でドラマ性のある心に染みる
作品でした。

 人気のある原作の映像化はファンにとっては複雑な気持ちになる事が
多い中、映画「容疑者Xの献身」はかなりの高評価のようです。もちろん
原作を読んでいない人もドラマとは違った世界観を持つこの映画には
大満足のようです。

 推理物では犯人は誰か?が興味の対象ですが、これは最初から殺人
シーンを見せてしまっています。そして犯人が誰かは観客の誰もが
わかっています。

 なのに崩せないアリバイ。それは何故なのか?どんな方法で完璧な
アリバイを作る事ができたのか?

 天才数学者である石神が警察の裏をかいて、靖子たちに指示をする。
面白い事に警察は石神の筋書き通りにアリバイ崩しにかかってくる。

 そしてもう一人の天才湯川は天才がゆえに石神が犯罪に手を貸して
いる事がわかってしまい、苦悩する。ドラマでは何者にも動じない
クールさを持っていた湯川が見せる人間的な弱さ。

 その弱さを知ってしまい恋愛感情とは別な母性のような温かさで
彼の苦しみを癒そうとする内海刑事。ドラマでは湯川に翻弄されて
いた彼女が幾多の事件を経て女性としても成長しているんだと感じ
ました。

 この映画のテーマは”献身的な愛”。

 なのに石神が靖子たち親子に協力するのが愛ではなく、自分の頭脳
に挑戦しているのだとばかり思っていました。数学の天才と呼ばれた
男が今ではしがない高校教師で生徒は授業さえ聞いていない。

 その自分の頭脳を試せるチャンスが靖子たちが起こした殺人。自分の
思う通りに動く靖子を駒にしているものとばかり…。

 湯川に対して「君は若いな」と告げる石神に数学しか興味のなかった
男の変化をかぎとった湯川。だから靖子に協力しているのだと。

 薄い壁ごしに聞こえる靖子と娘の生活音。明るく楽しげなそれは
石神にとって家族の疑似体験をできる幸せな空間。彼の愛情は親子
二人に注がれていたのではないでしょうか。

 ラストで号泣する石神、エンドロールで流れるKOH+の「最愛」、
そして事件の本当の終わりを告げるようなシーン。涙があふれて
心が痛くなりました。

 ”愛”を知って、”愛”する人たちを守ろうとした石神の行動は
決して許されるものではないけれど、彼はそれだけの犠牲を払っても
”愛”が成就できなくても、幸せだったんでしょうね。

 もちろんサスペンス映画の醍醐味、「あっ」と驚くドンデン返しも
ありますよ。これは全く予想できませんでした。

 うそをつくといつかバレてしまうけど、真実ならどうやっても
崩せない。それが完璧なアリバイが成立した理由。

 見終わった後も石神や湯川の心情などいろいろと考えてしまう
映画でした。

 今やっている東野さん原作の「流星の絆」も悲しい過去を背負い
つつも脚本クドカンなので小ネタやギャグが散りばめられた面白い
ドラマです。ただ、これは原作に忠実でないので原作ファンからは
厳しい意見が多いです。

  ◆1クリックで↓気分はハッピー◆
       にほんブログ村 映画ブログへ

    

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]