忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[432]  [431]  [430]  [429]  [428]  [427]  [426]  [425]  [424]  [423]  [422
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『貞淑な妻、昼は娼婦”昼顔”となる…』
 

監督:ルイス・ブニュエル(「アンダルシアの犬」)

出演:カトリーヌ・ドヌーヴ(セヴリーヌ)

    ジャン・ソレル(ピエール/セヴリーヌの夫)

    ジュヌヴィエーヴ・パージュ(アナイス/娼館女主人)

    ミシェル・ピッコリ(ユッソン/ピエールの友人)

    ピエール・クレマンティ(マルセル/セヴリーヌの客)
あらすじ
 医者ピエールの妻セヴリーヌは裕福で何不自由のない生活。が、
性生活は満たされず、夢で妄想の日々。

 知人が娼館で働いているウワサを聞いたセヴリーヌは好奇心と
欲望の狭間でアナイスの娼館を訪ねてしまう。その日から貞淑な
妻セヴリーヌは昼は娼婦”昼顔”としてここで働くことになる。

 何も知らないピエールからは最近楽しそうだと言われてしまう
セヴリーヌ。罪悪感と快楽の中”昼顔”は稼ぎ頭になる。

 そんな”昼顔”にお熱の若者マルセルが彼女を独占したいが
為にある行動に出てしまう…


 久々に「昼顔」観ました。やっぱりエロスな映画です。最初観た
時は内容がよくわからなかったのにどこか惹かれる映画でした。

 冒頭から衝撃的。馬車に乗っているピエールとセヴリーヌ夫妻、
ところがピエールの言葉に反論したセヴリーヌは彼や従者にズルズルと
引きずられ森の中へ。縄で縛られる彼女を従者の一人が犯し、それを
黙って見つめる夫ピエール。

 お~~なんてエロティックな始まりなんでしょう

 森での出来事はセヴリーヌの妄想。隠していたドMな性癖が妄想
の中で爆発しています。泥を投げつけられたり、鞭で打たれたり。

 ピエールが言うには不感症で夜の生活がままならないセヴリーヌ。
それでもやさしい夫は文句も言わず、いつか受け入れてくれるまで
待っている。
 ただし、妄想の中のピエールはかなりのドS。
 これは性的に彼を満足させられないセヴリーヌの自分への戒め?

 後ろめたさがありながらも娼館に勤める彼女は初めて感じることが
できる。でも、夜は夫とはできない。矛盾する彼女の心と身体。

 快楽は求めたいけど、夫の事は愛しているのよ

 エロティックな映画でありながらも、全部見せるのではなく、いい
所で場面が変わったりする。そこが想像をかきたててGOOD!
 全部見せたからってエロいわけじゃないんだよっ

 オシャレ好きな女子にはドヌーヴのワンピース、要チェックでしょ
シンプルながらもミニで丈の長さもお上品です。
 60年代のファッションは好みです

 妄想シーンと現実シーンが突然切り替わるので、それを知らないと
何のことやらサッパリかも。まだ観ていない人はそれを踏まえて
鑑賞してみて下さい。

 あんな毅然としたクールな美人が森ではいたぶられ、娼館では
どんな客にも身体を売る…それでも美しやドヌーヴ様
 ヌードにならなくとも、背中や透ける布地の下のヒップラインは
高級な香り漂う色香を感じます。 

 ラストは意味深な終わり方。誰も乗ってない馬車の解釈はもう
森(妄想の世界)には行かないでも満たされるセヴリーヌを象徴
しているように思えました。
 解釈は観る人によって違うみたいですね。それを語り合うのもいと楽し。

 やっぱエロスはある程度隠して、その先の行動を自分で想像して
みるのがいいですねぇ。それってムッツリスケベってやつでしょうか

  ◆1クリックで↓気分はハッピー◆
       にほんブログ村 映画ブログへ

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんは。
ごぶさたしています!
私がこの記事を無視するコトなどできるわけがありません!

「昼顔」いいですよね☆
私も初めて見た時は妄想と現実が混乱してしまい
やっぱ、フランス映画って日本人にはとっつきにくいんだ
って思ってしまいました。
サイモンさんのラストの見解は
素直になるほどなぁと思い、納得してしまいましたね。

古城(?)での儀式のシーンでのドヌーヴは
シースルーで後ろ姿はお尻とか透けていて
モロ見えよりドキッとしたものです。

劇中のドヌーヴが来ていたミリタリー調コートとパンプスは
数年前サンローランがリバイバルで販売していたようです。
ご存知でしたら失礼しました。

コチラの方をリンク貼らせてもらってもよろしいでしょうか?

ポチって帰ります☆
sammy URL 2008/05/02(Fri)22:59:27 編集
sammyさんへ
こんばんは、久々のコメントありがとうございます。
フランスとドヌーヴとくればsammyさんの大好物ですもんね。

この記事書くの難しかったです。いつも表現がお下品ぎみなので
フランス映画好きな人には怒られはしないかと。
他の感想を読んでも高尚な書き方が多かったです。ああ、未熟者。
ファッションはサンローランだったんですね、教えていただいて
ありがとうございます。
そうそうコートのラインが特に素敵でした。
下世話な言い方になりますが、この監督ってSっぽくないですか。
ちょっと他の映画もチェックしてみたくなりました。

リンク、大歓迎ですのでよろしくお願いします。
サイモン 2008/05/03(Sat)03:01:41 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]