忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[386]  [385]  [384]  [383]  [382]  [381]  [380]  [379]  [378]  [377]  [376
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 akumu
監督 塚本晋也 (「鉄男」)

出演 松田龍平  hitomi  安藤政信  大杉漣

    原田芳雄  塚本晋也
『この映画を観た夜は悪夢にうなされるかも…』
あらすじ
 着任早々、不可解な事件を担当する事になったエリート
女刑事霧島慶子(hitomi)は同僚の若宮(安藤政信)と
現場にかけつける。そこにはベッドの上で身体中を刃物で
切りつけた若い女性の死体が。

 そして同じような事件が再び発生、犠牲者はサラリーマン。
しかし今回は事件の目撃者がいた-横に寝ていた彼の妻。
 夢にうなされた彼は自ら自分の身体を切りつけていたのだ。

 どちらの事件にも共通するのは「0」という人物への携帯の
発信履歴。それはある自殺サイトにつながりがあるらしい。
 若宮は霧島が止めるのも聞かず「0」に電話をしてしまう…。


感想
 この映画の見所は”hitomiの超ミニスカートから
伸びる美脚”
です!!…それだけじゃないけどね。

 日本映画の監督でも注目している塚本晋也(役者でも活躍中)。
 しかも主演が松田龍平とくれば期待するなとは無理のこと。
(最近では弟の翔太もドラマにひっぱりだこ)

 通称悪夢探偵の京一(松田龍平)は人の悪夢に入り込み原因と
なる要因を取り除いてやるという特殊な力を持つ男。
 ただ、それを胡散臭いと思う人々の醜い心の声まで聞こえたり、
悪夢に入る事への肉体および心理的疲労により人との接触を拒絶
している。

「ああ、いやだ、ああああ、いやだ、ああ、いやだ…」
 ギリギリの精神状態の中で事件の依頼を受けるか受けないか
で悩む京一のつぶやきが耳に残ります。まるですでに精神崩壊
してしまったかのような…。

 事件は「0」に自殺したいと電話をすると何かがものすごい
勢いでその人物に近づいてくる。ドドドッ、ズズズズッ、
擬音は難しいですが不安を掻き立てる音です。

 逃げ惑い追い込まれた彼らはそれに切り刻まれ鮮血に
染まっていく。それが例え悪夢の中の出来事でも現実では
自分自らの手で自分を切り裂いていた。

 被害者たちの特に霧島のどこからが夢でどこからが現実
なのかわからない恐怖。夢なのにリアルだから悪夢の世界に
いることすらわからない、でも現実でないなら目覚めなければ
自分が殺される-「早く目を覚まして!」

 恐怖の存在が近づいてくるシーンや京一が聞きたくもない
人々の心の声を聞いて彼らの顔がクシャッとなるシーンなど
「鉄男」を思い出させる(気持ち悪くはないですが)独特の
世界観があります。それに「六月の蛇」のようなブルーな
画面はヒンヤリと美しいです。

 この「悪夢探偵」、今年第二弾が公開予定です。海外でも
評価の高い塚本監督は昔MTVのCM…だったかな、「鉄男」
の映像が使われたことがあります。
 ただし、塚本ワールド初心者の方は「鉄男」は映像も度肝を
抜くけれどグロさも相当なものなので「悪夢探偵」が気持ち
悪いと感じたら絶対におすすめしません。

◆よろしければ1クリック↓してみませんか◆
       にほんブログ村 映画ブログへ

    

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]