忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[443]  [442]  [441]  [440]  [439]  [438]  [437]  [436]  [435]  [434]  [433
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『この家はイヤな感じがする…』
 

監督:ジャウマ・バラゲロ

出演:アンナ・パキン(レジーナ/長女)

    レナ・オリン(メアリー/母親)

    イアン・グレン(マーク/父親)

    ジャンカルロ・ジャンニーニ(アルベルト/祖父)

    フェレ・マルティネス(カルロス/レジーナのBF)
あらすじ
 父親の病気療養の為にアメリカから祖父のいるスペインに引っ越して
きたレジーナの家族。新しい家は周りに民家のない田舎の一軒家。

 レジーナはこの家のイヤな雰囲気を感じていた。それは弟ポールも
同じで以前は平気だった暗闇に怯えるようになっていた。

 夜突然訪れる停電。原因を探るも電気屋はわからないと言う。それ
に対してキレ始める父マーク。母メアリーは仕事とマークの病気の
事で疲れきっていた。

 不安を感じたレジーナは家の事を調べ始めるが、マークの異変は
ひどくなる一方。ポールにも誰がつけたのかわからないキズが増え
ていた。

 そして、その家であった事件と日曜に迫った日食が謎を解く鍵だと
気付くが…


 日食と悪魔信仰を関連づけた心霊ホラー。日本の映画と比べると
全然怖くないです。
 ただ、画面の隅にチラチラ映る影や雷で浮かび上がる霊の姿は
ドキッとします

 トラウマからの精神疾患を持つ父マークのキレ具合が怖いです。
子供の声がうるさいとドアを叩きまくったり、料理の最中にキレて
野菜を切り刻んで…
(包丁持ってるから言わんこっちゃない。奥さん注意して下さいよ)

 誰かを思い出す、そう「シャイニング」のオヤジ!!あれほど
形相はスゴクないし、やってる事も大した事ないですけどね。
 だから、オヤジが犯人っていうか霊にとりつかれてる?と予想
したら、あらあら。
(何のこっちゃわからんでしょ。後のお楽しみ~~)

 弟ポールは首チョンパの絵ばかり描いている。姉はそれを心配
して母に言うものの「あんたの方がもっとすごい絵描いてたわよ」
と取り合ってくれない。
(もっとすごいってどんな絵??)

 不気味だったのは母メアリーが毎日「もうクタクタよ」と言う所。
そんなにキツイ仕事なのか、それとも…。
(母イライラしすぎ。それに刃物がよく似合う、さすがレナ・オリン)

 レジーナが突き止めた家の真実。40年前にここで子供が6人
のどを切り裂かれて死んだ事。床の下に隠された悪魔の印。

 まだ終わっていなかった悪魔降臨の儀式。それに必要なのは
あと一人の命、それが誰を意味するのか。

 ラストはモヤモヤ気分で終わります。ハッキリとこうなったと
見せない所がスペインっぽいの??
 ある人の「地獄にいる」とのセリフがとてもイヤ~な気分に
させてくれます。

  ◆1クリックで↓気分はハッピー◆
       にほんブログ村 映画ブログへ 

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]