忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[447]  [446]  [445]  [444]  [443]  [442]  [441]  [440]  [439]  [438]  [437
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
監督:今井泰宏

原作:横山光輝

声の出演:くまいもとこ(金田正太郎)

      粟野史浩(ショウタロウ)

      稲葉実(大塚署長)

      牛山茂(敷島博士)

あらすじ
 太平洋戦争から10年たった昭和30年代、日本は復興の道を
歩んでいた。戦後生まれの少年探偵金田正太郎は死んだ父が残した
鉄人28号を操り悪の手から日本を守っていた。

 ある日正太郎と同じ名のショウタロウが現れる。実は父が養子と
して迎えた正太郎の義理の兄だった。が、父である故金田博士の
遺言はショウタロウには残酷なものだった。 

「鉄人28号は金田正太郎に譲る」と。

 その頃東京では不発弾の処理が進められていた。その中に金田
博士の開発した”廃墟弾”もあったが、それがどこに埋められて
いるのかは鉄人が知っていると言うショウタロウ。

 その日から夜鉄人が勝手に動き出したり、正太郎の命を狙う
残月と名乗る復員兵が現れたり、怪事件がおこり始める…


 これは大人向けのアニメですね。原作のままの姿のキャラや
ロボットがいいです。下手に現代風にアレンジして書き直して
いない所も好印象

 レトロで色味を抑えた風景は今のアニメらしく美しい。
東京の廃墟、桜の花びら散るアパート、途中までの東京タワー、
澄んだ青空に飛ぶ鉄人…。

 音楽もダイナミックなオーケストラが戦闘シーンを盛り上げて
くれます。もちろん、エンディングにはお馴染みのあのテーマ
ソング、懐かしい~~

 人々の生活も戦後10年たってやっと普通に生活できるように
なってきた。それでもまだ捕虜として帰還できない兵士が海外に
多数いる時代。

 主人公正太郎は自分が鉄人と共に悪と戦うのが当たり前だと
思っていた。それが「鉄人の操縦の資格なし」との書き置きや
自分よりも上手に鉄人を操縦できるショウタロウの存在から
自分が役割不足なのではと悩み始める。 

 金田博士が兵器として作った”廃墟弾”を掘り起こし人気の
ない所で爆発させる鉄人。意思はなく正太郎の命令通りに動く
ロボットなのにボロボロの包帯姿は痛々しい。

 元々金田博士から兵器としての鉄人の操縦を教わったショウ
タロウも戦争でお国の為に捧げた命を捨てる事もできずに、戦争が
終わり兵器としての操縦は必要なくなり、自分が生きて日本に
帰ってきた事を悩み始める。

 アメリカと戦争した事も知らないようなバカな人たちには
到底この映画を観ても「絵がダサイ」とか「話わかんない」と
言うだけで理解しようとはしないでしょうね。というか観も
しないとは思いますが

 戦争で生き延びた人たちの力で今の平和な日本がある。それなのに
その人たちを苦しめるような制度や政策が多すぎる。せっかくの
長生きも「これでは死ねと言ってるのか」と彼らに言わせる悲しい
現実。

 ”破壊と修復”がテーマのこの映画。人為的な破壊はもう
起こらないで欲しいと願います。そして、今の日本を修復して
くれた人たちに感謝の気持ちを忘れずにいて下さい。

  ◆1クリックで↓気分はハッピー◆
       にほんブログ村 映画ブログへ
      

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]