忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

監督 ロン・ハワード (「アポロ13」)

出演 トム・ハンクス (ラングドン・宗教学教授)

    オドレイ・トトゥ (ソフィー・暗号解読官)

    イアン・マッケラン (リー・宗教史学者)

    ジャン・レノ (ベズ・フランス警察の警部)

    アルフレッド・モリナ (アリンガローサ司教)

『キリスト伝説のタブーに迫る謎、解明』
物語
 ルーヴル美術館で館長ソニエールが殺害される。死体には
暗号とメッセージが書かれていた。警察によって消された
一行「PS ラングドンを探せ」により、ラングドンは
殺人事件の容疑者になってしまう。

 その彼を助けたのは警察で暗号解読をしているソフィー。
彼女は実はソニエールの孫娘だった。

 死体の暗号を解いたふたりはダ・ヴィンチの絵画に隠された
鍵を発見。貸し金庫からクリプテックスを手に入れる。その
中にはキリストの聖杯に関するパピルスが入っているが、
解読せずに無理に開けるとパピルスはとけてしまう仕掛け。

 ふたりはリーを訪ね協力を依頼する。彼は自分が研究して
いたキリストに関する事実とも仮説ともとれる事を告げる。
「キリストには子孫がいる」と。


感想
 冒頭のルーヴル美術館からほとんどの場面が夜という暗い
画面。謎ときミステリーには雰囲気があっていい?

 ダ・ヴィンチのタイトルからして絵画の謎とき中心という
予想とは違い、「最後の晩餐」に隠されたメッセージを
読み解いた結果、ここからはキリスト教の根源をくつがえす
謎ときになっていく。

 キリスト教の意味を知らなくても、キリストの人物像や
生涯を少しでもわかっていれば物語に入っていくことが
できるかもしれない。

 歴史物の難しさより、次から次へ暗号を解読していく
ミステリー物の面白さが感じられる。ここにもダ・ヴィンチ
の発明したクリプテックスが関係してくる。それは彼が
シオン会という謎に満ちた団体の一員であり、ある事実を
ずっと守り続けていたことによるもの。

 しかしダ・ヴィンチは自分の絵画を暗号のように使い
その事実を見せていた。それが「最後の晩餐」に記された
というキリストの聖杯。

 キリストという伝説の人物が神ではなく人間的であっては
困る組織から追われるラングドンとソフィー。彼らが持つ
ものこそがキリストとマグダラのマリアの関係を事実
だと伝えるもの。

 お互いにキリスト伝説を守るものとキリストの人間性の
結果を守るものとの対立で殺人事件が次々に起こっていく。
それほどまでにして守りたいものとは?

 エンドロールの最後に「これはフィクションであり…」の
一説。原作や映画での解釈のあまりの反響にこう記さずに
いられなかったのでしょうか。

拍手

PR
 


監督 デヴィッド・スレイド


出演 パトリック・ウィルソン (ジェフ・カメラマン)

    エレン・ペイジ (ヘイリー・14歳の少女)

    サンドラ・オー (トクダ・隣の住人)


『危険な赤ずきんちゃんにご用心』
ものがたり
 ジェフは出会い系サイトで3週間ほど前から14歳の少女
とチャットを楽しんでいた。意気投合したふたりはある日
カフェで会うことになる。

 無邪気で大人ぶりながらも幼さの残るヘイリー。ジェフは
写真を撮るからと自宅にヘイリーを招き入れる。

 全く警戒心のないヘイリーに自分は少女趣味はないと
言いはるジェフ。彼女が作ったスクリュードライバーを
飲み干したジェフは次第に意識が遠のき始める…。


感想
 14歳にしては子供っぽすぎる顔がジェフを監禁し始めた
頃から無邪気な中にも邪悪さが顔をのぞかせる。

 ジェフが目覚めた時に下半身は何も着けていない状態で
氷のつまった袋が乗せられていた。それはジェフにとって
恐怖の始まりだった。

 なぜならヘイリーはかみそりを片手にジェフに迫ってくる。
そして氷は麻酔がわり、オイタする所は処理しましょうという
事なのか…。

 医学書を読んだから大丈夫と言い何かを始めるヘイリー、
ジェフの大量の汗と表情で痛々しさが伝わってくる。実際は
○○だったけれど。

 ヘイリーがジェフを追い詰める目的はある少女の失踪事件
の犯人がジェフではないかというヘイリーの考えがあっての
事。しかし、こんなに精神的にも肉体的にも追い詰められた
ジェフからは「知らない」「無実だ」という言葉しか聞かれ
ない。

 ヘイリーのただの妄想の為に無実のジェフがちょっとした
スケベ心を出したばかりに巻き込まれてしまったのか。
 それとも…。

 援交目的の男性には耳が痛いどころかある部分にも
痛みが伝わってきそうです。あまりオイタが過ぎると
無邪気なふりしたヘイリーがやってくるかもしれません。

 そんな幼い雰囲気のヘイリー嬢。ドラマ「リ・ジェネシス」
でもベリーショートの髪型でした。「X-MEN/ファイナル
・ディシジョン」では壁抜け少女キティを演じていました。

 WOWOWドラマつながりでは隣のアジア人トクダさんは
「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」に出演していました。

 この映画は日本の援交が関係した事件でヒントを得て、
撮影期間はなんと18日間だったそうです。このドキドキ
感のあるサスペンスにはお金も時間も関係なく、アイディア
が一番だったということでしょうね。

拍手

 
監督 ジョセフ・ルーベン

出演 ジュリアン・ムーア (テリー)

    ドミニク・ウェスト (アッシュ・息子の友達の父親)

    ゲイリー・シニーズ (マンス医師・テリーの担当医)

    アンソニー・エドワーズ (ジム・テリーの夫)

    アルフレ・ウッダード (ポープ刑事)

『自分の記憶が現実ではないと言われたら…』
物語
 テリーは一人息子サムを14ヶ月前、飛行機事故で亡くして
いた。その現実から立ち直れないテリーだったが、ある日
家族3人で写したはずの写真から息子の姿が消えていた。

 夫ジムを責めるテリーだったが、彼の言葉に愕然とする
「僕たちには息子はいない」と。

 ジムも信じられなくなったテリーは同じく事故で娘を亡く
したアッシュを訪ねるが、自分には娘はいないとテリーに
告げる。しかし、アッシュの部屋の壁紙を剥がすと子供の
書いた絵が出てきた。

 テリーとアッシュは自分の子供を探し出すことができる
のか?そこに待ち受けている想像もつかない黒幕の正体
とは?


感想
 朝目覚めると息子がいたという現実が妄想であるかのように
夫に言われてしまうテリー。息子の写真もない、友人も息子
がいた事実を知らない。

 それでも息子は現実にいた、と信じるテリー。その思いに
答えたのかアッシュも娘の存在を思い出す。しかし、なぜ
今まで忘れていたのか。

 しかも夫までもがテリーの存在を忘れてしまう、自分は
独身で彼女の事は知らないと。

 不可思議な現実の中テリーとアッシュだけは子供の存在を
信じ、この謎に立ち向かっていく。警察ではなく、国家安全
保障局に追われることになる。それはふたりが国家的機密
事項に関係していることでもあった。

 前半はオカルトチックな物語のようにみせておきながら、
後半はまるでX-ファイルのエピソードにありそうな展開
になっていく。

 真実を知った人が文字通り”飛んでいってしまう”シーン、
ドキッとしつつもちょっと笑えてしまいました、すごい
勢いでしたから。

 コピーの”シックスセンス以来の衝撃”は真に受けない
ように。霊の存在や妄想とは違う、ある人間離れした存在
が事件の黒幕だから。(これ以上はネタばれになって
しまいます)

 でも、この不可思議な物語をやっちゃいけない夢オチに
しないでちゃんと”親子の絆”の強さで解決してくれたのは
よかったです。終わりもめでたしめでたしでしたから。

 海外ドラマファンには夫役には「ER」のグリーン先生、
医師役には「CSI・NY」のチーフ、夢の共演ですね。

 
 

拍手

サスペンス映画のジャンルに「エロティック・サスペンス」と
いうのがある。ただエロもサスペンスも同じくらい期待すると
はずれる事多々。

それはまるで男子がAVレンタルするのにパッケージと中身が
違ってがっかりするようなもの。

「ワイルド・シングス」はその中でもエロはもちろんストーリー
展開も予想のつかないもので、エンドロールまでもが目が離せ
ない秀作だった。


高校で若い教師によるレイプ事件が起こる。
訴えたのはセレブな女子高生。
しかし、不良娘が事件は狂言だと証言する。

出演:ネーヴ・キャンベル/マット・ディロン
    ケビン・ベーコン/デニース・リチャーズ





ここでちょっとだけネタばれ。

実はセレブ娘と不良娘はグルで、しかも教師も共犯だった。
目的はセレブ娘の母親から示談金で大金を巻き上げること。
このあと、一転どころか二転三転もしていく。

この設定を使い、物語も同じように進んでいくのが
「ワイルド・シングス3」

セレブ女子高生マリーは義父と母親の形見の

ダイヤを巡り遺産相続でもめていた。

しかし、義父はダイヤを隠したまま同級生

エレナにレイプで訴えられ裁判でも不利になってしまう。

実はマリーとエレナは共犯でダイヤを手に入れる為に

義父を罠にはめたのだが…



物語の流れは「ワイルド・シングス」と同じだと思い、この
ふたりの共犯説はわかっていたけれど、まさかここにある人と
その過去が関わっていたとは全然思わなかった。

だから途中からはエッ?エー!!とびっくりすることだらけ。

3も同じようにエンドロールで本編で隠されていた裏の部分が
見られるので、ここで納得する。

シリーズになっている作品で別の話(続き物じゃない)のものは
あまり面白いものに当たったことなかった。

「ワイルド・シングス3」は出演者も有名な人は出ていない
し、レンタルショップでもサスペンス物の中にポツンと
置いてあるような映画。

それなのに、これほど面白いとは。埋もれた中にもこういう
作品を見つけられてとても満足。

拍手

 

監督:ジョナス・ペイト

ジョシュ・ペイト

出演:ティム・ロス(ウェイランド)

クリス・ペン(ブラクストン)

マイケル・ルーカー(ケネソウ)

レニー・ゼルウィガー(エリザベス)
あらすじ
 娼婦の惨殺死体が発見され、容疑者として大富豪の息子
ウェイランドが警察の取調べを受ける。

 刑事ケネソウとブラクストンは彼をウソ発見器にかけるが
心理学を学びIQもずば抜けて高い彼にふたりは翻弄され
いく。

 誰が彼女を殺したのか、真実はウソ発見器によって明らか
になるのか、そしてウソをついているのは誰か…。


感想
 ウェイランド役のMr.オレンジことティム・ロスがいいです。
エディこと故クリス・ペンも出演しているので「レザボア・
ドッグス」と思いきや、刑事の妻役でロザンナ・アークエットが
出演という事は「パルプ・フィクション」でもある訳ですね~
タランティーノファンにはたまらない人選です

 映画のほとんどは取調室という密室劇。
時々挟まれるのはウェイランドの妄想のような現実のような場面。

 それは彼がTLEという精神病(てんかんのようなもの)を患って
いるからだけでなく他の病気の可能性を秘めていたという事だった
のでしょうか。

 惨殺された娼婦は身体を2つに切断され、トランク2つに詰め込まれ
発見されます。
しかし、殺人シーンや切断シーンははっきりとは描かれていないので
心理サスペンス好きだけと残酷描写はちょっと…という人でも
大丈夫でしょう。

 その娼婦に扮しているのはブレイク前のレニー・ゼルウィガー、
「ブリジット・ジョーンズの日記」の彼女と言えば有名ですね。
そんなに色気を感じさせないもののスレた感じがよかったです。

 ウェイランドがIQの高いうそつきだった事からウソ発見器の
信憑性も疑うようになります。
(後によく考えてみるとうそつきと言うよりも…)
しかも供述も一転二転するから、観ている方は頭の中を整理するのが
大変になってきます。

 ウソ発見器にかけられる前にボソッと「自分を信じろ」とつぶやく
ウェイランドがとっても意味深です。
 そして彼が当日”アブサン”(アルコール度数の高い酒)を飲んでいた
事からますます彼の証言があやふやなものに…。

 ”アブサン”に関する話で興味あったのは画家のゴッホの話。
ゴッホが自分の耳を切り取ったという有名な話は”アブサン”を
飲んで泥酔状態、その為精神状態がおかしくなったという説がある
と言う事。
ゴッホはその耳を売春婦に送りつけたそう。

 精神科医によるこの話、”アブサン”、売春婦が事件に関わってくる
のは偶然??

 ウェイランドを追い詰める刑事二人、特にケネソウは妻に対する
異常なまでの嫉妬心や暴力衝動を指摘され、逆にウェイランドに
よって追い詰められていく所から、一気に緊迫感が増していきます。

 しかもあるビデオの存在によってウソ発見器、かける側から
かけられる側になってしまうケネソウ。彼の汗の量は尋常
じゃないです。

 そして、判明する殺人のいきさつ(表向きの)。
が、面白いのはハッキリと真実は描かれていない事。人によっては
この不親切な話に付き合って後悔するかもしれません。

 あとは観た人のご想像にまかせます、とでも言いたげな
ラストシーン。
 他の人の感想を読んでもいろいろな解釈ができるみたいで、
これが真相よ、なんて自分が断言できるシロモノでも
ないんで観た人同士があーだこーだ言って議論するのにはもって
つけの作品かと思います。

 でも最後のティム・ロスの表情はスゴイです!!
あれで表向きの真相があやふやになってしまいましたから。
 まったくサイコ野郎の似合う役者ですねぇ。

◆12/31までGyaoで配信中◆
GyaO 映画

拍手

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]