忍者ブログ
映画に興味を持ち始めた 人達に届きますように
[339]  [340]  [338]  [337]  [336]  [335]  [334]  [333]  [332]  [331]  [330
 
監督 ジャスティン・リン

出演 ルーカス・ブラック (ショーン・車好き高校生)

    バウ・ワウ (トウィンキー・ショーンの友人)

    サン・カン (ハン・ドリフト師匠)

    ナタリー・ケリー (ニーラ・ショーンの同級生)

    千葉真一 (カマタ・ヤクザの親分)

『東京の街中でドリフト天国』
物語
 アメリカで事故を起こし、やむなく父の住む日本へやってきた
車好き高校生のショーン。父に車に近づく事を止められたが
トウィンキーに連れられある場所へ。

 そこは何十台もの改造車が立体駐車場を舞台にレースを
する会場だった。ケンカを売られたショーンはハンの車を
借り挑戦するが結果は無残なもの。

 そこでショーンの資質を見抜いたハンは彼に日本特有の
運転技術であるドリフトを教えるのだった。しかし、その
ハンもヤクザを叔父に持つD.Kによって…。


感想
 アメリカでのレースは直線でスピードを競うもの。ドリフトは
直線の少ない日本だからある技術。
 タイヤを滑らせながらカーブを曲がる、峠なんかでよくやって
いるみたいですが、アメリカ人は難しいそうです(受け売りですが)
 だから今回はドリフトキング土屋圭市が技術を教えたとの事。

 それにしても大きくなったなぁ、ルーカス・ブラック。
知っているのはこ~んな小さい(小学生ぐらい?)の頃。
 昔テレ東でやっていた「アメリカン・ゴシック」で主役やって
ました。少しリバー・フェニックスに似てると思ってたけど
大きくなったら…違ったね…。

 そんな懐かし話は置いといて、まぁ「キルビルvol.1」の
ユマ並の日本語が飛び交いますよ。そしてどこか誤解して
いる日本の姿。これを笑い飛ばせれば楽しめる映画です。

 ショーンは学ラン着て学校へ、どうもフケ顔です。相手
役のニーラも高校生って??妥当なのはラッパーのバウ・
ワウぐらい。ショーンの”ウワバキ”連呼は笑えた。

 ドリフトレースに集まる車や東京のド真ん中でのカー
チェイス(実際はハリウッドで)、最後の峠越えレース、
車好きやレース好きにはここだけチャプターで観ても
面白いかと思います。
 ストーリー自体は…何といっていいやら。

 車のナンパシーン、外国に誤解されるよ。好みの女の子
の車の周りをドリフトしながらグルグル。彼女たちが
気に入ったら連絡先を教えてくれる。こんな所あるかっ。
男はドリフトできないとナンパも出来ない?

 日本人キャストもチラホラ、柴田理恵は教師、コニシキ
はヤクザ(刺青あるのに銭湯入れんの?)、北川景子は
ハンの仲間のメカニック、そして予告編でもインパクト
のあった妻夫木聡(スケジュールの都合で1シーンのみ)。

 中でも物語の雰囲気を引き締めてくれたのは千葉真一。
レースはピリッとしているのにその他がダラ~として
いる所に彼の存在感があってよくなりましたから。

 「ワイルド・スピード」シリーズの中ではやはり一作目
が個人的にはよかったです、DVDもサントラも買いました。
それぞれ3作はテイストが違うのでどれから見てもOKだと
思いますよ。

 ラストでのあの人のサプライズ出演には「オ~~」とうれしい
声を上げてしまいました。って事はシリーズは一応つながって
いたんですねぇ。これは4作目があるって事なのか??

     

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]