忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[343]  [341]  [342]  [339]  [340]  [338]  [337]  [336]  [335]  [334]  [333
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

監督 パク・チャヌク

出演 イ・ヨンエ (クムジャ・誘拐殺人で服役)

    チェ・ミンシク (ペク・英語塾教師)

    クォン・イェヨン (ジェニー・クムジャの娘)

    オ・ダルス (チャン・ケーキ店店長)


『天使の笑顔を持つ女は復讐の女神となる』
物語
 誘拐殺人罪で13年の刑期を終え出所したクムジャ。彼女は
囚人仲間から慕われ、”親切なクムジャさん”と呼ばれていた。

 彼女は刑務所で自分が親切にした人たちを訪ね、ある計画を
実行する時が来たと、協力を頼む。クムジャさんに世話になった
女たちは喜んで計画の手伝いをすることに。

 実は誘拐殺人を自首したのはクムジャさんの幼い娘を人質に
とられ脅されていたから。その娘はオーストラリアへ養子に
出されていた。

 娘を韓国に連れてきたクムジャさんは復讐のターゲットを
罠にはめ、廃墟の学校へ監禁する。そこへ集まってくる同じ
立場の人たち。クムジャさんの復讐は果たされるのか…。


感想
 刑務所でのクムジャさんと出所してからのクムジャさんの
表情が全く違う、まるで天使と悪魔のよう。
 イ・ヨンエって「チャングム」(見てないので)の人と
いうよりも「ラストプレゼント」の人なんだと認識。こんな
ハードな役柄にビックリです。

 赤いアイシャドウをつけたクムジャさんにはもう天使の
顔は見られません。聖母のような微笑も封印しました。
 クムジャさんがここにいる理由は復讐、ただそれだけの
ため。

 刑務所で親切にしたのも全て復讐の計画の中に入っていた
ということ?なかなか計算高いです、クムジャさん。協力者も
多分分かっていながらの事でそれだけ彼女に尽くしたいという
気持ちがあったんですね。

 最初の囚人たちの紹介も面白い導入の仕方でした。中でも
銀行強盗カップルは「パルプフィクション」のパンプキン&
ハニーを思い出しました(ルックスは全く違うけれど)。
 顔のドアップも観た事ないような撮り方です。この監督作
初めてだったんですが、これが彼らしさなんでしょうか。
 
 ターゲットを監禁してからの展開が思いもよらなかった。
あの人たちとターゲットの関係が暴かれて、それはクムジャ
さんだけの復讐でなくなった時どんな行動をとるのか。
 それは責められるべき事だけど、自分が同じ事をされたら
責める事はできないでしょう、きっと。

 裁判での無期懲役と死刑の問題も考えてしまいました。
自分の大切な人が殺されているのに犯人がのうのうと
刑務所の中でも生きている事実。それを何もできないで
苦しみ続ける遺族たち。

 最後にクムジャさんの心は晴れたのでしょうか。娘の
ジェニーが後ろからクムジャさんを抱きしめるシーンに
せつなさを感じました。そして真っ白な雪とバックに
流れる歌声がクムジャさんを清らかにしてくれる事を
願わずにいられないと感じました。

 <こっちのイ・ヨンエは泣かせます>
     

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]