忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[591]  [590]  [589]  [588]  [587]  [586]  [585]  [584]  [583]  [582]  [581
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『アタシらオンナは毎月苦しんどるんやっ!!』
モル [DVD]
モル [DVD]
JVCエンタテインメント 2008-01-25
売り上げランキング : 10143


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

監督:タナダユキ「俺たちに明日はないッス」「さくらん」(脚本)

あらすじ
 女優志望のゆかり(タナダユキ)は屋上から飛び降り自殺する男と
目が合ってから、生理中には同じ様に自殺者と目が合いその場で
失神するという不思議体質になってしまう。

 ゆかりには恋人がいたがこれが超DV男。生理中のイライラもあって
反撃、自分もボロボロになるが別れる事ができ、その時知り合った弁護士
の彼氏もゲットする。

 それでも生理、自殺、失神はおさまらない。



タナダユキ監督の視点は厳しさとやさしさがある。ダメな男に振り回される
本作も、人と関わる事を避け転々とする「百万円と苦虫女」の主人公も、
助け船のようなキャラがいるようで世の中そんなに甘くないですよ、と
現実を突きつけつつも、やさしく見守ってくれているような。

「モル」のゆかりには女友達がいて、グチにつきあってくれる。いい関係。
だけど、毎度毎度ダメ男に引っかかるゆかりにアドバイスをしてもその場
では納得しつつも、まだダメ男に引っかかってしまう。

女友達というのは辛口のアドバイザー。自分の事は見えなくても人の事は
よく見える。友達の彼を見れば本心や目的を友達はちゃんと見抜いてくれる。

ゆかりが屋上の自殺者と目が合うシーンから始まり、過去に遡る。
あの赤いコートは流れる血のイメージなのだろうか。

ふと見上げ屋上を見た彼女に飛び込んでくる今にも飛び降りそうな男。
遠くのビルでありながら、何故か目と目が合ってしまう。そして失神。

だから、本当の所はわからない。彼がどうなったかも。でも、彼女は
生理と自殺と失神を結びつけて自分の不幸を呪う。

「なんでアタシばっかり、こんな目に合うんや!」

呪いつつもゆかりは重い身体を引きずって生きている。力強い生命力。
自分の夢である女優へと向かって歩み続ける。

そんなに人生賛歌の映画でなく、登場人物が関西弁なのでケンカは激しいし
女同士の会話は面白い。特にゆかりの母親はサイコーな関西のおかん。

ラストで呪縛から逃れる為に疾走するゆかり。

女は覚悟を決めると強いんや!!
人生サバイバルやで!!

とゆかりが映像の中から叫んでいるような映画。

「アタシら女は毎月血だらけになっとんや!!」

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
また変わった内容の作品で(笑)
もしもこんな体質になったら毎月生理休暇取って引きこもり決定ですね。絶対に外出したくない〜。所で「モル」って何だろう??
miyo URL 2011/05/26(Thu)20:17:59 編集
miyoさんへ
いつもコメントお返事遅くてすいません。

タイトルに惹かれて手に取ったらタナダユキ監督作でした。
ホントにこんな体質になったら一週間引きこもりですよね。
これに生理痛が加わるかと思うと…女って過酷過ぎる!
「モル」…あれ?なんだったかな、モルモットだっけ?
記憶力の悪い私ですみません(^_^;)
サイモン 2011/05/31(Tue)16:06:03 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]