忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[426]  [425]  [424]  [423]  [422]  [421]  [420]  [419]  [418]  [417]  [416
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『ずっと少女のままのポーリーヌ。花と妹が大好き』
 pori

監督:リーフェン・デブローワー

出演:ドラ・ファン・デル・フルーン(ポーリーヌ・次女)

    アン・ペーテルセン(ポーレット・三女)

    ローズマリー・ベルグマンス(セシール・四女)

    ジュリアンヌ・デ・ブロイン(マルタ・長女)

あらすじ
 知的障害のあるポーリーヌは姉のマルタにお世話され二人で暮らして
いた。お使いを頼まれればついつい妹ポーレットのお店に寄り道。
 ポーレットから嫌がられてもポーリーヌはお構いなし。

 突然マルタが亡くなって誰がポーリーヌを引き取るかが問題に。
肉親は三女のポーレットと四女のセシールだけ。

 とりあえず二人は交代でポーリーヌと暮らし始めるが、ポーレット
は大事な舞台を邪魔され、セシールは恋人との仲が険悪になって
しまう。

 ポーリーヌを施設に預ける事にし、ポーレットは海辺の家を買って
一人で住み始めるが、何故か寂しさが募って来る…


 ”ハートウォーミング”、そんな文字に惹かれレンタルしてみました。
別に心が疲れているわけでもないのに、”癒し”や”動物”、”和み
そんな言葉ばかり目につきます(=。=)ふ~…

 初老の四姉妹はみんな独身。長女のマルタはポーリーヌの事だけを
見守る人生だったのかもしれません。三女のポーレットは趣味の
オペラに洋服店経営でこちらも男性の影はなし。唯一四女のセシールは
フランス人の恋人と同棲中。

 マルタの死によりポーリーヌを施設に預けようとしていた二人なのに
どちらかがポーリーヌと暮らさないと遺産が入らない。
 どれだけマルタが大変だったのかは一緒に暮らしてわかるのだけれど、
二人ともすぐにリタイア。

 でも、何故かポーリーヌは邪険にされても怒られてもポーレットが
大好き。ポーレットの色とりどりの布地が並ぶお店やバラの花の包装紙、
なによりいつも身奇麗にしているポーレットが自分の好きな花畑の
ように見えたのかもしれない。

 一緒に暮らしている間ムスッとしているポーレットが時々やさしい
視線をポーリーヌに送っていたり、ポーリーヌにひどい事を言った客に
「ポーリーヌを傷つけたら許さない」と怒鳴ったり。
 
 家族だから姉妹だから、見守っていたい。でも、マルタのようには
出来ないから…


 海辺の家に引っ越してそこの住民たちと交流していても、思い出す
のはポーリーヌと一緒に暮らした数日間のこと。

 靴のヒモも結べないし、パンにジャムも塗れない、レストランで氷が
入ったグラスに「石が入ってる」と大声で言ったり…。
 そんな大変な日々も思い出すと笑えてくるポーレット。

 映画の途中まではあまりにポーリーヌが妹二人に邪険にされるので、
癒されるどころか悲しくなったり、セシールの恋人の態度にムカムカ
したり。

 でも、ちゃんと癒されました、心が暖まりました ъ(^ー^)good
  ◆1クリックで↓気分はハッピー◆
       にほんブログ村 映画ブログへ

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]