忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[407]  [406]  [405]  [404]  [403]  [402]  [401]  [400]  [399]  [398]  [397
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 lust
監督 アン・リー(ブロークバック・マウンテン)

出演 トニー・レオン(イー)  タン・ウェイ(ワン・チアチー”マイ夫人”)

    ワン・リーホン(クァン)  ジョアン・チェン(イー夫人)
『策略から生まれたのは愛情か、それとも…』
ものがたり
 1942年、日本軍占領下の上海。

 私はワン・チアチー。でも今はマイ夫人と名乗って、イー夫人の
仲間の有閑マダムと麻雀をしている。それもある目的の為。
 イー夫人の夫であるイーが部屋に入ってくる、そして私と
一瞬の視線の交わり。-わかったわ-、視線で会話。
 
 私は用事を思い出しイー邸を後にする。今日で全てが終わり、
目的が果たせる。街のカフェである所に電話をかければ計画は
実行される…私は過去を思い返していた…

 4年前私は香港の大学の演劇部で女優をしていた。憧れの
クァン先輩は反日感情を持ち、舞台の成功からある計画を
練っていた。それは日本軍のスパイであるイーの殺害計画。

 クァン先輩の為、マイ夫人という若妻に扮しイーの妻に
近づき夫人の信頼を得ることに成功。あと、一押しでイーは
私に夢中になる。

 もちろん色仕掛けは必要。でも、クァン先輩他3人は女性
経験がなく、一人だけ商売女との経験があるリャンが私の
初めての相手で性のレッスンの相手になった。

 …でも、クァンがそれを望んでいるし私は彼の為になりたい…

 しかし、レッスンは無駄に終わってしまった。イーは上海に
急遽転勤してしまうことに。そして、ある事件から私は演劇部の
仲間の元を飛び出し彼らの前から姿を消した。

 2年後の上海。叔母の家から大学に通っていた私はクァンと
再会する。彼はもはや立派な革命家になり暗殺事件にも関わって
いた。

 彼は政府の重要人物となったイー暗殺を諦めていなかった。
そしてそれにはマイ夫人の存在が必要だと。彼や上司から
あらゆるスパイ知識を叩き込まれ、私は再びマイ夫人となった。

 イー夫人の好意でイー邸に滞在することになった私にイーは
近づいてくる。それは2年前におあずけになった私の身体が
目的だと知っていた。

 初めてのイーとの交わりはベルトで叩かれ、縛られまるで
レイプまがいのもの。でも、イーが去った部屋で私は彼が私の
身体に夢中になると確信し、ニヤリと微笑んでいた。

 イー夫人の目を盗んでの密会の日々。彼は政府の仕事に疲れ
癒しを求めるかのように私を抱いた。それでも彼は私を信用
しているわけではないのはわかっていた。

 そんな日が続いても計画は一向に実行されない。クァンも
上司も慎重に慎重を重ねてのことだが、私はイラつき不満を
ぶつける。まっすぐにクァンを見つめる私に彼は目を反らす-
いつもそうだ、彼は私に負い目を感じているのだ。

 ある日イーは私に封筒をある所に届けるように言う。それは
街の宝石商の所。宝石商はいくつかの宝石を取り出し、イーが
私に指輪を贈りたいから石を選ぶように告げる。

 何度も身体を重ねて、やっとイーの信頼を得た私。それなのに
心が乱れるのはなぜ?目的を果たせば私はクァンと幸せになれる
の?イーは私にとって憎むべき相手、のはずなのに…。

 私はカフェで人を待っている。もう、計画は始まってしまった
のだ…

*長すぎてごめんなさい。感想は”つづき”からどうぞ。
  ◆よろしければ1クリック↓してみませんか◆
       にほんブログ村 映画ブログへ
 

拍手


 エロいエロいと週刊誌でも評判の「ラスト、コーション」。
アクロバティックな性行為の数々にボカシ入りまくりのR18指定
 でいやらしさより、それって気持ちいいのか?なんて思ったりして。
エロ重視な方はこれよりは「愛のコリーダ」でもどうぞ
 
 男性主導から始まり、対等、そして女性に癒しを求めての交わり。
女はスパイだから男を肉体で夢中にさせる。男は政府の要人だから
交わってもすべてをオープンにはできない。

 自分をさらけ出せない性行為は果てる自分すら我慢しなければ
いけない。が、女を信頼し癒されたいと肉体を求めた時に初めて
心底果てた顔の男。なんだか、つらいです。女は彼を暗殺しようと
しているのに。

 とまぁ真面目に書いたわけですが、少しおふざけでもいいですか?

 主役のタン・ウェイちゃん、中国のまさみちゃんってとこですね、が
ヌードになるわけですが長いんだよなぁ○首が。あと、中国って毛の処理
はしないんでしょうか、ワサ~と生えてます脇毛。
 ん~気になる気になる~~♪

 そんな彼女の好きなクァン先輩はワン・リーホン、王力宏と書きます。
時々雑誌で玉木宏と脳内変換してしまいます。3文字と宏しか共通点
はありませんが、何か?
 彼がどうも自分の中で玉木宏というよりも、”離婚はしません”の
元彌に見えてしまいます。

「元彌、目を反らすなよっ」「元彌、大学で童貞って…」「元彌、
お前ヘタレすぎっ」
…もう心では元彌扱いです。

 それに比べ、男は40歳からだよね~のトニたん 子犬のような
眼差しで母性本能をくすぐりまくっている彼はどこへやら。非情の
男を色気のあるまなざしで演じています。

 ラストでの涙をうるませていた彼。観ているこっちまで心が痛く
重くなってしまいました。愛したからつらいよね時代背景や
彼の職業を考えると助けたら生ぬるい恋愛映画になっていた事で
しょう。

 韓国映画よりも香港(これは中国ですが)が好きなのはチャイナ
ドレス
効果もあるのか、と再認識。タンちゃんのドレスに萌え~~
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
映画「ラスト、コーション」
原題:Lust,Caution/色・戒 どうしても思ってしまうのが、題名の意味だよね、最後の注意事項みたいな意味ありげなことを想像するけど、実は色欲に注意しなさいということなのね・・ マージャンのポンチー合戦の見所はよく分からなかったが、R18となったベッドシーンは
URL 2008/03/02(Sun)12:19:10
ラスト・コーション を観ました。
チケットを持っており、明日で終わりらしいので、雨の中、早起きして鑑賞!
URL 2008/03/22(Sat)20:32:26
●「ラスト、コーション」
“官能的”だよと薦められていた 「ラスト、コーション」を観る。   タイトルの意味は「色欲と戒め」。 日本軍占領下の1942年の上海で、 香港大学の学生だったワンが、 抗日に燃える演劇仲間たちと 政府のスパイのトップであるイーの 暗殺計画を企てると
URL 2008/03/24(Mon)16:00:08
アン・リー監督の「ラスト、コーション 色―戒」を観た!
1942年、日本占領下の上海。 人々に恐れられた、傀儡政権下特務機関の顔役 イー。 イー暗殺の命を受け、彼の元へと忍び寄る女スパイ ワン。 ワンはイーを誘惑し、やがてその魅力で彼を堕とすことに成功する。 人目をはばかる危険で激しい逢瀬を重ねるふたり・・・。
URL 2008/04/20(Sun)10:58:30
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]