忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[475]  [474]  [473]  [472]  [471]  [468]  [470]  [469]  [467]  [466]  [464
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『バットマンに史上最凶の敵現る』
 batman
監督:クリストファー・ノーラン(「バットマン・ビギンズ」「プレステージ」

あらすじ
 バットマンことブルース(クリスチャン・ベール)はゴードン警部補
ゲイリー・オールドマン)と協力し、無法地帯と化しているゴッサム
シティを悪の手から守っていた。

 そこへ新任検事としてハービー・デント(アーロン・エッカート)が
就任する。法の力で悪を追放していく彼を市民たちは”光の騎士”と
呼びゴッサムシティにも希望の光が射しつつあった。

 が、白塗りの顔で裂けた口を持つジョーカー(ヒース・レジャー)が
現れ、マフィアたちに取引を持ちかける。「私がバットマンを倒す」と。

 ジョーカーはゴッサムシティを恐怖に陥れる。犠牲者が増える中、
ジョーカーは「バットマンが素顔を見せない限り市民を殺していく」と
メディアを通じて市民を脅迫する。

 ブルースはゴッサムシティをハービーに託し素顔を出す覚悟を決めるが
ハービーはカメラの前で…


 観終わって数日経つというのにまだ興奮…いや違うな。衝撃冷めやらず
の感覚に近い日々を過ごしています。

 批評家大絶賛との情報が流れるからどうしても期待のハードルは高く
なる。その高くなったハードルをこの映画は楽々とクリアしてしまった。

 まるで犯罪映画の幕開けのような冒頭の銀行強盗シーン。そうこの
「ダークナイト」はアメコミという素材を爽快アクション映画でなく、
犯罪人間ドラマに味付けしてしまった重厚な映画。

 アメコミだから派手なアクションのみを期待して観に行く人は前作を
知っていれば少ないとは思いますが、もしそういう映画を求めている人は
観ない方が賢明かもしれません。

 悪役のジョーカーといえば以前はJ・ニコルソンがコミカルに演じて
いました。ニコルソンのジョーカーには過去があり、人間らしさもあった。
 が、ヒース版ジョーカーには過去がない。ゆえに人間というよりは
世の中の悪が実体化してしまったような完全な悪。狂人のようでいて
計算高い残酷な知能を持っている。

 ジョーカーの行動は復讐心でも金目的でもなく、快楽殺人鬼でも
ない。ゴッサムシティを混乱させ人が恐怖し、善の心に揺さぶりを
かけ悪の道へ引きずり込む快感こそが彼の源。

 最初は彼が言う通り町のチンピラ程度のものだったのかもしれない。
それが敵対する存在(バットマンやハービー)が大きければ大きいほど
彼の狂気は増大していき、行動は残虐さを増してくる。いくら彼が
看護婦のコスプレをしようと笑えるどころか寒気さえ感じる。

 ジョーカーはバットマンを残酷なゲームに参加させる。その為に
大切な者を失い、その結果別の悪を生み出してしまう。
 そう後半にはもうひとつの悪の存在、トゥーフェイスが出現。
(この姿がパンフレットにも雑誌にも載っていないので衝撃でした。
リアルな姿のトゥーフェイスには驚愕するでしょう)

 ゴッサムを守っている立場のバットマンはヒーローではないし、市民
から疎まれもしている。そこに登場するのが光の騎士と呼ばれるハービー。
 バットマンとは違い素顔を晒して悪と法で戦う正義そのもの。
彼の出現でブルースはゴッサムの希望は自分でなくハービーにあると確信
しある行動に出ようとする。

 「私には計画性はない」と言うジョーカーの巧みな罠の数々に追い込まれ
落ちていく人たち。善の心に宿った絶望感を少し揺さぶりをかければ
真っ黒な悪に染まってしまう。それさえも計算していたジョーカー。

 真実は時には残酷なもの。ブルースはハービーに、アルフレッドは
ブルースに真実を告げない。レイチェルはハービーに強がりのウソを
つく。そして、ラストではバットマンとゴードンはゴッサムシティから
光を奪わない為につらい選択の末ウソの情報を流す。

 全ての真実を知っているのは観客だけ。その結果彼らの運命を背負って
しまったかのような重さや苦しさが心を締め付けていく。

 もちろん派手なアクションシーン、爆破シーンなど視覚を刺激する
シーンは前作よりスケールアップしています。特にバットポッドの
登場シーンには「おお~~」と興奮しました。

 バットマンの世界という架空の物語をこんなにもリアリティのある
犯罪映画に仕上げたノーラン監督。そのリアルな世界を彩るのが人気
先行でなく演技派を揃えた出演者。特に誰もが絶賛しているヒース・
レジャーの底知れぬ狂気の悪役像はあのレクター博士をも超え自分の
中でNo.1の悪役になりました。

 文章ではまだまだ言い尽くせないほどの素晴らしい映画に出会って
しまいました。今年No.1どころかここ数年でNo.1の映画です。

  ◆1クリックで↓気分はハッピー◆
       にほんブログ村 映画ブログへ 

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
『469』の記事の凄い映画とはコレだったんでしょうか?読んでる時からそうかな?と思ってはいたのですが当時はまだ上映してなかったし…でもコメントの返事で『先行』と書いてあったからそうなのかな?と予想たててました(笑)私はまだ観てない(というか実はバットマンシリーズは全て観てません)のですが、聞く感想は『凄い!』の一言ですね。
miyo URL 2008/08/20(Wed)20:29:08 編集
miyoさんへ
そうです、スゴイものとはこの「ダークナイト」です。
バットマンシリーズは”ビギンズ”以外は映画館で
鑑賞しています。特にティム・バートンのダーク
ファンタジーな2作が大好きで。
何本か一緒に観ているはずの友人もCMを見ただけ
ではバットマンだとは思わなかったそうです。
(彼女はティム・バートンのイメージが強かったらしいので)
「ダークナイト」興味あるなら「ビギンズ」のみ観れば
大丈夫ですよ。
サイモン 2008/08/22(Fri)16:56:26 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
バットマン(その2)
 続いて「バットマン ビギンズ」と「ダークナイト」。クリストファーノーラン監督です。これは初代「バットマン」を2部作に分けたような作りになっています。バットマンの誕生とジョーカーとの戦い。「〜ビギンズ」は☆4つです。ティムバートンのクセのあり過ぎる「バットマン」をスッと入ってくるストーリーで作り直しています。復讐・狂気ではなく、正義の味方に生まれ変わったバットマン。迫力が若干減るものの、誰もが受け入れやすい作りになっています。忍者の修行がチベット?という疑問はありますが、米国ではあんなイ...
URL 2011/01/24(Mon)15:56:30
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]