忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[616]  [615]  [614]  [613]  [612]  [611]  [610]  [609]  [608]  [607]  [606
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『親に捨てられた兄弟たちの辿りついた先は
鬼の住む屋敷だったのです…』



残酷メルヘン 親指トムの冒険(DVD) ◆20%OFF!

残酷メルヘン 親指トムの冒険(DVD) ◆20%OFF!
価格:3,192円(税込、送料別)

監督:マリナ・ドゥ・ヴァン

あらすじ
 昔々のお話です。とても貧しい家族が山奥に住んでいました。
両親と兄弟5人はそれでも毎日土の中からほんの少しの食料を
掘りなんとか飢えをしのいでいたものの、とうとう両親は
決断しました。

 「もう兄弟たちを捨てるしかない」

 森に置き去りにされた兄弟は末っ子のトムの機転で一度目は
家に帰れたものの二度目は失敗。歩きつかれた兄弟たちは
どうにか大きな屋敷にたどりつきました。

 が、ここは人を喰らっている人の姿をした鬼と人間の妻
そして美しいけれど残酷な鬼の娘たちが住む屋敷だったのです。

”残酷メルヘン”とのタイトルの通り普通の童話だったらぼやかして
しまう裏の残酷な面をそのまま表現したような一応ホラー映画です。

が、期待したほどのグロもなく子供も安心して観られる(?)
ホラー映画となっております。

私はこの『親指トムの冒険』は童話でも読んだ事はなかった
のですが、『ヘンゼルとグレーテル』での森の中で迷わない
ように一度目は石を置いて二度目はパン屑を置くって描写が
ありました。これは話をミックスしているのでしょうか。

さて貧乏なのに子沢山って*ッグダ*ィみたいです。
森に置き去りにして悲しんでいると思いきや合体しようと
する両親。

お前らまた子供できたらどうすんだよっ!!

アホです。こんな親だから人の気持ちよりも自分の食べ物が
大事です。トムが可愛がっていた子犬も無残な事になります。

兄弟の不幸は続き辿り着いたのは鬼屋敷。まあ人の姿を
していますけどね。

その鬼を演じたのがドニ・ラヴァン。有名作でいえば「ポン
ヌフの恋人」の人です。が、もう二十年ぐらいたっている
のでこの映画ではヒゲもじゃのおじさんです。

   

「すぐ食べたいよ~」の鬼に対して夫人はどうにか兄弟を助け
たい思いで「もっと太らせてからよ」と舌なめずりする鬼旦那と
鬼娘たちを思いとどまらせるのですが、これが夫人にとって
最大の悲しみを生んでしまうとは。この物語で一番不幸だった
のはこの夫人だったと思います。

向かい合った5人用ベッドの片方には鬼娘たち(人の姿だから
とっても可愛い)片方にはトムの兄弟たち。

ここでトムは何故か鬼娘たちの王冠を兄弟にかぶせ、兄弟の
白いニット帽を娘たちにこっそりとかぶせます。なぜこれが
鬼対策になったかは童話だからです。

その結果兄弟は助かり屋敷を逃げ出しますが、怒った鬼が
魔法のブーツを履いて追いかけてきます。そして巨人に
なります。

兄弟をパクパク食べるシーンは「進撃の巨人」です。中から
出てきたトムはエレンです(うそですが)。

で、私が思う所の一番の残酷さは食べられたり殺されたり
するシーンでなく人の心の残酷さです。

両親はトムたち兄弟を捨て自分たちだけでも生き延びようと
する。トムの可愛がっていた犬をためらいもなく殺す。
兄弟たちは森を出られたのはトムのお陰なのに感謝もせず
逆に二度目は「迷ったのはお前のせいだ」と責めます。
自分たちは何の努力も知恵も働かせず責めるのはトムばかり。

それでもトムは機転をきかせました。知恵を働かせました。
だから助かったのです。

でも、何度かの危機を乗り越えたトムの純粋さは残酷さに
変わっていました。今までの親兄弟の行いを見ていれば
トムがそうなってしまったのは当然の事。

トムは小さな王国の王になりました。

貧しい家の中で宝石をこれでもかというぐらいつけ豪華な
服に身を包んだトム。本来なら自分だけ大きな屋敷で暮ら
せるはずなのにあえてここに戻ってきたトムの真意は想像
でしかありませんが、今までの復讐というか親兄弟の醜い
心を見ていてトムまで屈折してしまったのかもしれません。

救いはトムの流す涙でした。まだトムは人としての心が
残っていたと思いたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]