忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[614]  [613]  [612]  [611]  [610]  [609]  [608]  [607]  [606]  [605]  [604
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『殺人鬼に狙われているのに私には顔がわからない…』

監督:ジュリアン・マニャ

あらすじ
 ニューヨークでは通称”涙のジャック”による女性連続
殺人事件が発生していた。

 恋人との結婚も決まり幸せの絶頂のアンナ(ミラ・
ジョヴォヴィッチ
)は偶然涙のジャックの犯行を
目撃し彼に追われ橋から川に転落してしまう。

 命は助かったアンナだったが頭を打った後遺症
から人の顔が判別できない相貌失認になり恋人の
顔さえも認識できなくなってしまった。

 が、涙のジャックはアンナの顔を見ていた。
殺人鬼は自分の顔を知っているのに自分は見た
はずの殺人鬼の顔はわからないという恐怖に
直面していく…



ブラピが告白した事でも話題になった”相貌失認”
人の顔が判別できない症状。「フェイシズ」を
見るとその苦悩がとてもよくわかります。そして
それは想像以上でした。

いつも隣に寝ている恋人でさえも朝起きると
「この人誰?知らない!!」と怯える毎日。
恋人にしてみれば病気だとはわかっていても
それが続くと不愉快にもなるでしょう。

”顔はわからなくても愛さえあればわかりあえる”
なんて恋人には甘っちょろい考えもあったかも
しれません。

そこでアンナはアドバイスを貰い顔以外の
特徴で個人を判断しようとします。それは
ほぼ成功でした。

毎朝恋人がしめるネクタイの柄をこっそり
メモして顔でなくネクタイの柄で恋人だと
認識。こうすれば待ち合わせしてもネクタイ
で一目瞭然です。友達も髪型や服の感じで
認識でき、やっと日常を送れるようになりました。

…って殺人鬼の恐怖は続いてますよ

なにしろ殺人鬼はアンナの顔を知っている
けれどアンナは殺人鬼が目の前にいても
全然わからない
のですからね。これは
究極の恐怖です。

例えばニコニコして親しい人のような顔で
近づいてきて油断した所をグサリ!って
可能性もあります。

ここでアンナの力強い味方となる刑事の
顔が何故か判別できるアンナ。恋人も
わからないのに彼はわかる!それで二人
が接近するのも仕方がない。

が、ちょっと展開早いよ、アンナ!!

ネクタイの柄で判別してたのがバレて
彼がキレてしまいそれで傷ついた彼女の
そばにいたのが刑事でもね。

本当は殺人鬼は誰?ってドキドキのサスペ
ンス映画なんだろうけど、私の目はそっち
でなく”アンナが相貌失認とどう向き合って
どうやって克服し日常を取り戻すのか”
ばかり
が気になってしまいました。

アンナは事故で突然病気になったけれど
映画を通して症状を知るといかに他人に
言葉で説明してもなかなか理解されず
いかに日常生活を送るのが困難なのかが
よくわかります。

症状は人それぞれでこの克服方法は一例
でしょう。ただ、全くこの病気について
知らなかった人は少しは理解できるかも
しれません。

最後にこれはまぎれもないサスペンス
映画ですよ。ドキドキしますよ。と
付け加えておきます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]