忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[581]  [579]  [578]  [577]  [576]  [575]  [574]  [573]  [572]  [571]  [570
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『あの日、私が選択してしまった事は
正しかったのだろうか…』

 
B002753MEMダイアナの選択 [DVD]
NIKKATSU CORPORATION(NK)(D) 2009-07-24

by G-Tools

監督:ヴァディム・パールマン

あらすじ
 高校生のダイアナは規則にしばられるつまらない
学校生活に嫌気がさしていた。学校では不良少女の
レッテルを貼られ、母親が学校に呼び出されるのも
しばしば。

 また、いつもと変わらない学校生活が始まる。
しかし、違っていた。

 授業前に親友のモーリーンとトイレへ寄った時に
惨劇は始まっていた。ドアの外から銃声や悲鳴が
聞こえる。何が起こっているかわからない二人。

 そこへ銃を持った同級生が入ってくる。銃を二人に
つきつけ、命の選択を迫る…

 その事件から15年後。夫と娘に囲まれた幸せな
家庭を持ったダイアナ(ユマ・サーマン)あの学校で
追悼式が行われると知り、忌まわしい記憶が甦る…


オープニングのマクロ撮影したような花々のショット。
この色合いが蜷川実花さんの写真の色合いにも似たくっきり
とした鮮やかなもの。

本編でも青空や庭の風景などやはり色合いが蜷川さんっぽい。
私がとても好きな色合い。

「二人のうち、どちらかを殺す」

そう選択を迫られたらどうするか。二人、それは親よりも
大切な存在である親友。

ダイアナの選択は最後までわからない。あの後どうなって
しまったのかも。


安全であるはずの学校。アメリカで何度も繰り返される
学校での銃乱射事件。誰が憎いとかでなく、人生に
絶望したりいじめが原因で皆殺しという無差別殺人を
してしまう普通の学生。

これほどの悲劇があろうともアメリカの銃規制は進まない。
企業が絡んでいるとか、身の安全の為に必要な物だとか。
日本では考えられない。

ただ、その日本も昨今学校で事件は起こっている。ナイフに
よる殺人や傷害。これは誰かに向けての場合が多く、やはり
それは殺傷能力の違い。

ナイフは何とか防御できるが、銃では違う。目の前で銃を
構えられたら防御なんて無意味。逃げるしかない。

「クラスメートを皆殺しにする」そうつぶやいていた
犯人。きっと、何も知らずに授業の準備をしていた学生
たちはアッという間に命を落としてしまっただろう。

そんな惨劇を目の当たりにし、悲しい選択をしてしまった
ダイアナの15年後は一見平和で憧れの結婚生活を送って
いる。

その中でも忘れられないあの悲劇。そして今年もまた
その日がやってくる。

高校時代の出来事が甦る。恋人とクスリもやった。不法侵入
したプールで親友と泳いだ。ケンカもした。でも、大切な
存在だと再認識した。そして、中絶も経験した。

楽しい事、つらい事、たくさん味わった青春時代。親友と
未来を語りあった。もし、結婚したら子供の名前は…とか。

未来はあの日閉ざされてしまった。

「二人のうちどちらかを殺す」

もし、私がその状況になったらどうするだろう。心の弱い
私は命乞いするに違いない。が、親友よりももっと大切な
存在だったら、「私を殺して」と告げるかもしれない。

この映画はサスペンス棚にありました。「衝撃のラスト」
の文字も表記されていました。

しかし、これは人間ドラマだと思うのです。確かに銃乱射や
ラストはサスペンス映画らしい。でもそれ以外は青春ドラマ
や家庭や人生について考える映画でした。

追加情報:モーリーン役のエヴァ・アムリはスーザン・サラン
ドンの娘さんだそうです。似てる?

     ◆1クリックで↓気分はハッピー◆
       にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
観終わった後に暫し呆然としてしまいましたよ。「え?」と。私が行ってるショップもサスペンス棚にひっそりと置いてました。
「私だったら反撃に出る。それで失敗して死んだなら親友の心の重荷にならにで済むし成功したら両者助かるし」といつでも攻撃態勢なもんで真っ先に考えましたが選択域に無いですね(笑)でもこれが理想だな。あくまでも理想なので実際だとどう出れるか未知ですが(^^;)
miyo URL 2010/07/27(Tue)16:25:28 編集
miyoさんへ
あのオチですよね、走馬灯。
やはりサスペンス棚でしたか。近所のレンタルはおすすめサスペンスってトコに
数本置いてありました。

反撃ですか。強いなぁ。私だったら泣きじゃくってそこまで
思いつかないです。
あの先生の姿を見てしまった後は死への恐怖しか私の中では
存在しなくなりそうです。
サイモン 2010/07/28(Wed)16:02:02 編集
無題
良いですよね、この映画。人によって見解が別れると思いますが、僕は銃を突きつけられた状況において、自分の今までの人生経験からあのような判断をしたことに感動しました。
僕は40年も生きていますが、これまでの人生を考えてあの選択は出来ないです(笑)
忍者マン 2011/09/30(Fri)19:24:48 編集
忍者マンさんへ
この映画は銃規制や自分だったらどんな選択をするのか
といろいろと観終わった後に考えてしまいますね。
十代にして自分か他人の命を天秤にかけなければいけない
状況。それも短時間のうちに。

人間ドラマとしても良作なのにサスペンス映画とくくられて
しまうのはなんとも腑に落ちませんね。
サイモン 2011/10/03(Mon)18:37:17 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]