忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[512]  [511]  [510]  [509]  [508]  [507]  [506]  [505]  [504]  [503]  [502
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『大国に挑む2つの小国。数の勝利か、戦略の勝利か。
  次回へ続く…』

レッドクリフ 公式ビジュアルBOOK
レッドクリフ 公式ビジュアルBOOK1週間編集部

講談社 2008-10-15
売り上げランキング : 1174


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 さて、みなさんお馴染みの「三国志」の赤壁の戦いのエピソードの
映画化ですよ。それを無知な私が見てまいりました。

 馴染みのない歴史物はほとんど観ない私。だって、理解できないと
まるでおバカさんみたいでしょ。悔しいじゃん。だからあえて観ない。

 今回挑戦しようと思ったのはトニー・レオンに金城武のキャスティング
だったから、というイイ男みたさのミーハーな気持ちから。動機が不純
すぎて「三国志」ファンは激怒するかも…すいません

 それにジョン・ウーだから歴史オンチの私でもわかり易く作って
くれそうな期待を込めて、人物設定やら歴史やらの情報を全く知らない
での映画鑑賞。
(映画って時代背景知らなくても観客にわかる様に作るのって当たり前
じゃない?…と開き直る私)


 それがまぁ大変冒頭の地図に写真付の解説から物語が始まってからも
主要人物が出るたびにテロップで名前を出してくれるという、なんとも
初心者にも親切設計になっておりました。

 ありがとう、ジョン・ウー!!

 期待を煽るようなBGMにそれにも負けない派手な合戦シーン。特に
亀の甲羅をイメージさせる九官八卦の陣での関羽、張飛、趙雲そして
甘興それぞれの見せ場が用意されている演出。
 そしてこれがただのアクションでなく、戦である事を認識させる
上から多数で鑓を突き刺したり、アキレス腱切りなどの残虐シーン。

 お約束の白い鳩が赤壁から飛び立ち、川を渡り対岸の敵陣を空撮で
見せるラストシーンにはpart2に対する期待がMAXに。

 しかし、曹操(宮川大輔似)ってそんなに悪い男とは思えなくて。
ひとり敵陣に突っ込んできた関羽を殺さずに帰して「あんな男が
わが国にもいれば」なんてつぶやくのよ。恐怖政治で兵士を増やし
ても本当に信頼できる部下がいないって事でしょ。それに一人の
女に固執する所なんて純情というか、不器用というか。

 対するどこかの国の政治家およびリーダーと違って庶民的なリーダー
劉備は部下の為に時間があれば草鞋を編むという、彼の爪の垢でも
煎じて飲んだら?と言いたいよ、全く最近の日本は。(言っちゃった!)

 CMでもローズ・マリーが「くるくる、ドーン!!」って言ってた
周瑜の見せ場には指揮官でも現場に出撃する所なんて男だねぇ~~
 かっこいい、かっこよすぎるよ、トニー・レオン!!

 そして彼のラブシーンよりもエロスを感じましたわと彩姐さんが
言いそうだったのは妻が包帯を巻いてくれるシーン。なんだかドキドキ
しちゃいました。ジョン・ウーも色っぽいシーン撮れるんだね。

 あと、言い残すことはヴィッキー・チャオたん(菅野美穂似)の
可愛らしさと口が上手くてどこか茶目っ気のある孔明こと金城武
(イイ男っ)…それにエイベックスパワー…違うか。
 まだまだ言い足りませんが、ここまで。

 まぁ、今回のでさえ手に汗握るド迫力だったのに本当の大戦は
次回持ち越しって、これ以上の迫力って事ですよね。part2の予告編
観ただけでこれは馬でも船でも乗ってとにかく劇場へ行かねば!!

 まとめると歴史の苦手な女性でも私が理解できたぐらいだから
ほとんどの人は大丈夫だと思いますよ。それに結構男性で「三国志」
好きな人多いですからね、話のネタにもなりますよ。
 そして男性は男気のある登場人物たちに「惚れてまうやろ~~」
と言いたくなるかもね。

  ◆1クリックで↓気分はハッピー◆
       にほんブログ村 映画ブログへ

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
観ましたか(^^)かなり分かりやすく仕上がってましたよね。でも人物が出るたびに名前テロップが出るのは何だか映画よりも歴史TV観てるようだったな(笑)でもそのお陰で分かりやすいというのもあるから否定も出来ないですよね。 曹操はそんな暴君ではないのですが、何て言うのでしょう…日本でいうと織田信長みたいな人というの?そんな人だと私は思ってます。
「あれ?」という所もあったけど、劇場で観て損は無い映画でしたね(^^)
miyo URL 2008/12/16(Tue)15:02:16 編集
miyoさんへ
初心者向けにはいいけど「三国志」ファンはウザいテロップだったのでは?
実は「三国志」ファンにこの映画強烈なダメ出しをされまして…
でも原作ファンのmiyoさんが観て損はないと言ってくれた
ので安心しました。映画を好意的に受け止めるファンだって
多いでしょうから。
中国歴史は苦手なんで日本の戦国時代をイメージして
自分なりに理解してました。曹操は信長ってすごくわかりやすい
説明ありがとうございます(^_^)
サイモン 2008/12/17(Wed)01:59:55 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
映画「レッドクリフ PartI」
原題:Red Cliff 西暦208年、日本なら弥生時代の2~3世紀、卑弥呼のいた邪馬台国の時代だっただろうか、魏・呉・蜀の三国が覇権を争う『三国志演義』はあまりにも有名~ 後漢時代、河北を平定した曹操(チャン・フォンイー)は、帝国支配の野望、に加えて、もしかしたら
URL 2008/12/13(Sat)00:23:17
レッド・クリフ Part I
西暦208年、中国。 曹操軍は80万の兵と2000隻の戦艦で帝国の支配を狙っていた。 迎え撃つ劉備軍はわずか2万。 自力での勝利は無理とみた軍師・諸葛孔明は、敵軍・孫権軍との同盟を進言。 孫権軍3万の司令官・周瑜は孔明を信用し、心をひとつにし、知恵と勇気を持てば大軍にも勝利できると、両軍は結束を誓うのだった…。 伝説の「三国志」歴史スペクタクル。
URL 2008/12/13(Sat)21:29:45
『レッドクリフPartI』を観たぞ〜!
『レッドクリフPartI』を観ました『M:I-2』、『フェイス/オフ』のジョン・ウー監督が、三国志の有名なエピソード“赤壁の戦い”を全2部作で描く歴史スペクタクル巨編の前編です>>『レッドクリフPartI』関連原題: REDCLIFF    赤壁ジャンル: 歴史劇/アクシ...
URL 2008/12/21(Sun)22:22:46
映画:レッドクリフ Part I
 歴史が苦手で三国志にも興味がない。そしてネタもとは忘れてしまいましたが、期待を裏切られた映画ベスト1位か2位にランクインしていたという記事を読んでもう観ないと決めていたんです。でも、他の人のブログを読むと結構評判が良い記事も多くあったので、最終日に観に行ってきました。と言うわけで、レッドクリフ Part Iを観てきました。
URL 2009/02/01(Sun)19:40:59
『レッドクリフ Part1』'08・米・中・日・台・韓
あらすじ西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。しかし孫権軍では曹操に脅威を感じているものの非戦を唱える臣下が多く・・・。感想日曜にテレビでやってましたが、吹き替えで金城武や中村獅童の声が、別人な...
URL 2009/04/29(Wed)08:27:31
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]