忍者ブログ
ただいま映画世界を放浪中
[93]  [324]  [323]  [322]  [321]  [320]  [318]  [319]  [317]  [316]  [103
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
監督 ロブ・ライナー (「恋人たちの予感」)

出演 ジェニファー・アニストン (サラ・新聞社勤務)

    ケビン・コスナー (ボー・バローズ・母の元恋人)

    シャーリー・マクレーン (キャサリン・サラの祖母)

    マーク・ラファロ (ジェフ・サラの婚約者)

    リチャード・ジェンキンス (アール・サラの父親)

『映画「卒業」のモデルは私の家族?』
ものがたり
 サラは妹の結婚式に出席する為に婚約者のジェフとともに
故郷のパサディナへ帰ることになる。婚約の事は結婚式あとに
発表することにして。

 式場でふと耳に入ったうわさを祖母に問いただすとあの
映画の「卒業」のモデルとは亡き母の事らしいと知る。が、
父親は主人公ではないらしい。

 サラは母親を式場で奪っていった、もしかしたら自分の
本当の父親かもしれない人物、母の元彼ボー・バローズを
突き止める。彼の話を聞くうちにサラは彼に興味を持って
しまう…母とも祖母とも関係した彼に…。


感想
 プロポーズにイエスと言ったもののすぐに結婚とは
進めない。何か不安があるけれど、それが何かわから
ない。そんなマリッジブルーを映画「卒業」が現実
だったという事をからめて、家族に対する愛情を再認識
する物語。

 自分は家族の誰とも似ていないと昔から疑問に思って
いたことが「卒業」事件の事で確信にかわる。やっぱり
父親が違っていたのだと。

 映画とは少し違う母親の物語。結婚に対して不安に
なった彼女は直前に逃亡し、学生時代の元彼ボーの元へ
行く。3日間過ごした後、彼女は家に戻り無事に父親
と結婚することになった。

 サラがひっかかったのは自分の誕生日の事。逃亡した
時にボーと関係していたら、どちらが父親かわからない。
しかし、ボーは自分は子供は作れないのだとサラに告白。

 大人の雰囲気で女性の扱いが上手いボーにサラは
惹かれていく。母とも祖母とも関係していた男なのに。

 サラの揺れ動く女心に対してジェフの心は一筋。覚悟
を決めた男と覚悟を決められない迷う女。すぐにでも
結婚できるジェフと「あなたといると安心する」と言う
もののすぐには結婚できないサラ。

 そこへ魅力的な男性が現れたら揺れ動くのは当たり前。
父親でないとわかった途端一夜を共にするのはお尻が
少々軽い。そんなサラを家で待っているジェフが哀れ、
婚約者はマリッジブルーどころか浮気していたとは。

 母親は結婚から逃げたのに何故戻ってきたのか。
それを知っていて受け入れた父親の心境。それを初めて
知ったサラが自分の結婚に対してどんな結論を出した
のか。

 それは迷っていた時のサラの目つきとは全く違う
まっすぐな視線をある人に向けていた。さて、サラが
選んだのは誰でしょう。

 幸せな未来を手に入れるには時には迷い悩むことも
必要なんでしょうね。 

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
WELCOME
prof
当ブログにようこそ
管理人のサイモンです。
主に映画の感想を中心に不定期に
更新しています。

関係ないトラックバックや
コメントがある為こちらで確認して
からの公開になりますので、ご了承を



◆サイモンからのお知らせ◆

映画タイトル一覧表を更新しました。
(4/2現在)


タイトルで探すならここ↓
eigatitle
ジャンルで探すならカテゴリーを
参考にして下さい。

お気軽にコメントお待ちしてます♪
ランキング参加中
ハチの一刺しならぬクリックの一押しにご協力を!
ブログ内検索
フリーエリア
edita.jp【エディタ】

アクセス解析
メールはこちらから
カウンター
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]